Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

声優・梶原岳人、ブラクロED曲でアーティスト・デビュー&シングル・リリース

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
CDジャーナル

 2017年に“ブラクロ”の愛称で人気のTVアニメ『ブラッククローバー』の主人公・アスタ役をオーディションにて勝ち取って以来、「お前はまだグンマを知らない」の神月 紀役、『炎炎ノ消防隊』の森羅日下部役、『ACTORS -Songs Connection-』の音之宮 朔役、「シャドウバース」の竜ケ崎ヒイロ役、「SDガンダムワールド 三国創傑伝」の劉備ユニコーンガンダム役など数多くのアニメ作品で主役を演じ、2020年の〈第14回声優アワード〉では新人男優賞を受賞。また、声優をゲストに招いてゲーム実況や料理などの企画を行ないながら、友達を増やしていこうというYouTubeチャンネル「ガクとも.ch」が好評を博している声優の梶原岳人が、アーティスト・デビュー。11月25日(水)にデビュー・シングル『A Walk』(特別盤 CD + DVD EYCA-13089/B 2,500円 + 税 / 初回限定盤 CD + DVD EYCA-13088/B 1,800円 + 税 / 通常盤 CD EYCA-13090 1,300円 + 税)をリリースします。  「A Walk」は、梶原が主人公・アスタ役を務めるTVアニメ『ブラッククローバー』の第12クール エンディング・テーマに決定し、9月1日(火)の放送にて楽曲が初解禁となります。「ブラッククローバーから、そしてアスタから僕が得たことは計りしれないほど大きなものでした。そして、そのおかげで僕が自分の中に積み上げてこられたたくさんの財産を、今度は僕が別の形でブラクロに恩を返せればと」という梶原の想いと熱量を反映するため、梶原自身も楽曲制作に参加。歌詞の細かいニュアンスや方向性など製作陣と話し合いを重ねて楽曲が制作されています。  また、梶原の希望によりカップリング曲の作詞は自身が担当。現在の等身大の自分をストレートに表わすようなメッセージが伝わる、“アーティスト”梶原岳人がダイレクトに感じられる楽曲になっているとのこと。特別盤にはカップリング曲を基に人気劇団ヨーロッパ企画所属の脚本家を招いて制作された、没入感あふれるボイスドラマも収録されています。  音楽系アニメ・ゲーム作品にも続々と出演し、歌唱力の高さでも評価を得ている梶原ですが、今回のデビューについて「音楽は幼少期から自分の生活には切っても切り離せない存在で、いつも自分の表現の軸のひとつでした。音楽でしか表現できない感情や伝えたいたくさんのこと、いまの自分にしか出せないものを、聴いてくださる方々に届けられるようにしたいです」とコメントしています。  なお、アーティスト活動については、今後ホームページを開設し、情報を提供していくとのことです。

【関連記事】