Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

【ネタバレあり】『The Last of Us Part 2』の“炎上”から考える、ポリティカル・コレクトネスに向き合うということ

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
リアルサウンド

『The Last of Us Part 2』が炎上した背景と、誤りの拡散

 この側面について「男性の異性愛者」である筆者が書くこと自体、それが正しいことなのかどうか迷いがある。是非、当事者側が書いた感想を読んでみたいと思っているし、出来ればゲームメディア側にもそのような取り組みを進めてほしい。  炎上のポイントは主に、次の内容となる。 1. 男性主導の物語から、女性主導の物語へ  前作の主人公である屈強な白人男性のジョエルは、本作では新キャラクターの屈強な女性であるアビーに殺される。ゲームの主人公はジョエルから同行していた女の子であるエリーに変わり、エリーとアビーを中心とした物語が描かれる。 2. LGBTQIA+キャラクターの登場と、その恋愛描写の存在  本作ではエリーの恋愛対象が女性となっており、その恋人(ディーナ)も登場し、その二人の(女性同士の)恋愛描写が濃密に描かれる。また、女性として生まれたが、その事に違和感を抱き、頭を丸刈りにするキャラクター(レブ)も主要なキャラクターとして登場する。 3. 上記2点(男性性に対する否定とも取れる描写と、LGBTQIA+)を兼ね備えたアビーの存在  じつはアビーもまたトランスジェンダーであり、男性の恋人(オーウェン)との性行為を描いたシーンが存在する。  この3点が炎上要素となっている……が、そもそも3つ目の項目は事前に本作のカットシーンが流出したことで生まれた誤解によるデマである。多くの炎上がそうであるように、本作に対する批判は「本作をプレイしようがしていまいが関係なく」行われているため、事実と異なる話が勝手に独り歩きしているのである。これに関しては擁護する余地なく、はっきりと有害であると断言しておく。架空のキャラクターであろうと、人の性を勝手に判断して、誤っているのにも関わらずそれを批判の材料にするという行為は、もはやただの暴力だし、シンプルに恐ろしい。  さて、1の「男性主人公から女性主人公へ」という動きは、「スター・ウォーズ」新三部作(エピソード7~9)を筆頭に、エンターテイメントにおけるポリティカル・コレクトネスにおいて最も分かりやすいトピックであり、フェミニズムと絡めて語られることも多い。また、2の「LGBTQIA+キャラクターの登場」についても、2017年のアカデミー賞作品賞を受賞した「ムーンライト」などを代表として、多様な性への理解が広まった現代のエンターテイメントにおいて、積極的に取り入れられている要素である。その点では、『The Last of Us Part 2』は典型的な「ポリティカル・コレクトネスを意識した作品」であると考えられるかもしれない。  では、本作はやはり炎上が示す通り、「ポリティカル・コレクトネスに支配された作品」なのだろうか? 筆者としては、これらの要素は前作の続きとして、本作の物語を描く上での必然であると考えている。そしてその上で本作は、現代におけるポリティカル・コレクトネスと誠実に向き合っている。 ■なぜ『The Last of Us Part 2』はこうなったのか?  前回の記事で書いた通り、『The Last of Us Part 2』のメインテーマは、前作のエンディングでジョエルが取った行動による「結果」を誠実に描くことにある。そもそも本作の物語はその行動の犠牲者であるアビーによって、ジョエルが復讐を受けることで始まり、目の前でジョエルを惨殺されたことで新たな憎しみに取り憑かれたエリーによって物語が動き出すため、前作プレイヤーとしては非常に辛いところがあるのだが、「ジョエルがアビーによって殺され、エリーが新たな主人公になる」のは、ポリティカル・コレクトネスは関係なく「Part 2」における必然と言える。  では、アビーは女性である必要はあるのだろうか? 本作では、カードやコインのように、エリーとアビーは対の構造となって描かれていく。復讐する側とされた側、恨みを抱く側と抱かれる側、故郷を探す側と出た側、恋愛関係における立ち位置の違い、そして、見知らぬ子供を救う側と見知らぬ子供として救われた側。その構造を描く上で、アビーのスタート地点はエリーと同様に一人の女性として始めることにしたのではないだろうか。もしアビーが男性であった場合、この構造、そしてそれが結実するエンディングのシーンはより複雑で分かりづらいものになっていたかもしれない。そして、そんなアビーの肉体は、ジョエルを自らの手で殺すために、しっかりと鍛え上げられたものになっている。全ては物語上の必然である。  次に、エリーの恋愛対象が女性であるという点については、前作及び、そのDLCである「Left Behind -残されたもの-」で描かれた旧友のライリーとの関係性において既に示唆されており、今作で突如導入された設定ではない。勿論全ての前作プレイヤーがDLCをプレイしているわけではないので戸惑う意見が出てくるのは分からなくもないが、リリースから6年が経った今になってこの設定が批判の対象となることについて、前作プレイヤーとしては不可解に感じるのも正直なところではある。そんなエリーも本作では19歳となっており、恋人もいればセックスもする。そして悩む。こちらもまた、前作から真っ直ぐに線を引いた結果である。  では、本作は結果として現代におけるポリティカル・コレクトネスとリンクする作品になってしまっただけで、別にその要素自体は当たり前のものとして『The Last of Us Part 2』の世界では受け入れられるのだろうか?  残念ながらそうではない。物事はそう単純ではない。 ■現代におけるポリティカル・コレクトネスの複雑さ  本作のトレーラーなどで登場していた、エリーとディーナがパーティーの中でキスをするシーン。この二人の関係性が深まるきっかけとなる出来事として、物語中に何度か語られるものの、実際にカットシーンとして登場するのは物語の最終盤である。このシーン、キスの場面まではロマンティックだが、直後にセスというキャラクターから“dyke“というスラング(男性的な振る舞いをしようとする同性愛者の女性に対する呼称。軽蔑のニュアンスが含まれる)を含む明確に差別的な言動が発せられる。この発言にエリーが激怒するのだが、現場に居合わせたジョエルがそれ以上に激怒し、セスに立ち向かう。一触即発となる中、周りにいる人々によって止められるものの、エリーは助けてくれたジョエルに対して「助けてくれなんて言っていない」と怒る。前提としてこの時点でのエリーとジョエルの関係性が険悪というのがあるのだが、このシーンでは「この世界でも差別が存在する」ことと、「理解されることへの抵抗感」が描かれている。ゲームの冒頭ではセスがこの出来事を謝るシーンがあるのだが、改めて見返すと、彼はあくまで周りから怒られ、仕方なく謝っているだけのように見える。  アビーの屈強な肉体は、前述の通りジョエルへの復讐心が生んだものだ。しかし、事前にカットシーンが現実の世界で誤解を招いたように、本作のNPCからもアビーは「男みたいな体」、「ゴツい体つきの女」と呼ばれている。そして、この特徴はエリーがアビーを追いかける上での手がかりにもなっている。それはつまり、本作のプレイヤーにとっても同様であるということだ。筆者のように本作に肯定的なプレイヤーだろうと、無意識のうちに、アビーをその屈強な肉体で判別しているのである。  また、前述したレブは、本作に登場するカルト教団、セラファイトの若者として登場するのだが、「兵士として生きたいのにも関わらず、嫁ぐことを強制される」、「自らの女性性に違和感を抱く」ことが理由で、自らの名前を生まれ持った「リリー」ではなく「レブ」と名乗り、髪を丸刈りにする。この行動がセラファイトの怒りを買い、レブは脱走を余儀なくされる。その後、偶然出会ったアビー、そして付き添ってくれた姉のヤーラと共に行動をすることになる。  レブの立場からすれば、保守的なセラファイトを見限ってもおかしくはないし、その方が物語の構造としてもシンプルである。だが、レブはセラファイト自体を否定することはなく、共に行動するアビーが疑問を抱くほどに、自らを追放した宗教に対して極めて敬虔な信者であり続ける。また、一人残してきてしまった母親を心配し、「話せば分かってくれるはず」という想いを胸に、せっかく脱出したのにも関わらず、単独でセラファイトの拠点まで戻ってしまう。そしてその行動が最悪の結末を生むことになる。  レブの物語は「信仰」の持つ複雑さ、そして性に対する理解の厳しさを描いている。そもそも、ポリティカル・コレクトネスを取り入れた作品は、最終的には対象に対するエンパワメントになることが多い。しかし、レブの物語は「ここまでやる必要があるのか?」という程に悲惨だ。また、筆者はこのレブが母親の元に帰るシーンを見た時に「楽観的すぎる」と感じてしまったのだが、それは現実に対して向ける目線と同義だ。無意識のうちに「気持ちは分からなくもないけど、分かってもらうのは難しいだろう」と思っている。そしてこれはあくまで前述の通り筆者が“そうではないから“抱く感情であり、その時点でバイアスが働いている。 ■ポリティカル・コレクトネスと向き合うということ  本作で描かれるレブの物語については、少なからずLGBTQIA+当事者からの批判的意見も存在する。それは、前述の通りレブの物語があまりにも悲惨であるーーカミングアウトしたのにも関わらず、理解を得られず反発を受け、周囲の理解者をも傷つけてしまうーーことに起因している。また、自身のトラウマが蘇り、辛い想いをしたという感想もある。  レブの性自認が招いた悲劇を、娯楽作品として消費することが果たして正しいことなのだろうか。「安易にポリティカル・コレクトネスを描くこと」を否定し、極めて現実的に描こうとした本作もまた、「ポリティカル・コレクトネスを消費すること」への批判の対象となっている。一方で、筆者は最後までレブに感情移入しながら、「Part 2」の後のレブの物語を見届けたいという気持ちを抱きながら本作を終えており、レブは『The Last of Us Part 2』のプレイヤーの中で人気のキャラクターになっている。本作をきっかけに多様な性への理解を深める人も少なくはないだろう。だが、一方では本作の表現に傷付いた人々も存在する。  もちろん、プレイすらしていないのにも関わらず、本作を「自分の信条を消費するために」批判するのは愚かだ。しかし、ポリティカル・コレクトネスを巡る炎上の中にある本作を楽しむことは、決してポリティカル・コレクトネスに対して寛容であることを意味するわけではない。誰もが何かしらの差別意識や偏見を抱えている。  だが、現代のエンターテイメントに触れる上で、もはやポリティカル・コレクトネスを無視することは不可能である。そして、ここまでの規模で、ここまで正面からこのテーマに向き合ったビデオゲームは『The Last of Us Part 2』以外には存在しないだろう。今後は、これが一つの基準になる。  この基準を上回る作品が登場する日も、恐らくそう遠くはないだろうし、Naughty Dogの新作はその作品を更に上回るはずだ。少なくとも、ビデオゲームは進化し続けるのだから。  そして、そのような作品を通して、プレイヤーもまた、自分にとってのポリティカル・コレクトネスと向き合い続ける必要があるのではないだろうか。

ノイ村

【関連記事】