Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

東海道新幹線 7月から前年並み運転、盆は「のぞみ」5分おきに

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
中京テレビNEWS

 JR東海は24日、東海道新幹線の運転本数を来月から前年並みまで戻すと発表しました。  JR東海によると、東海道新幹線は現在、新型コロナウイルスの影響で列車の運転本数を減らしています。  しかし、利用者数が緩やかに回復しているとして、7月は前年比95%(一日平均351本)に、8月はさらに増やし前年比97%(同389本)の運転本数と前年並みまで増発します。  また、座席に余裕を持って座ってもらえるよう臨時列車も増発される計画です。  混雑がピークとなるお盆期間は、前年の運転本数を超える1時間に片道12本の「のぞみ」が走るダイヤが運用されるということです。

中京テレビNEWS

【関連記事】