Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

レバークーゼンの22歳FW、今夏プレミア移籍へ。移籍金は最大で約40億円か?

配信

フットボールチャンネル

 レバークーゼンに所属する22歳のジャマイカ代表FWレオン・ベイリーは、今夏同クラブを退団することになるかもしれない。英メディア『スカイスポーツ』が現地時間2日に報じた。 【熱血サッカー動画】ブンデスリーガ日本人最多得点数に並んだ岡崎慎司の泥臭いゴール集  レバークーゼンとは2023年まで契約を残しているベイリーだが、プレミアリーグのクラブへの移籍の可能性があるようだ。同選手にはリバプールやマンチェスター・シティ、マンチェスター・ユナイテッドやエバートンなどが、5日に行われるバイエルン・ミュンヘンとのDFBポーカル決勝へスカウトを派遣する予定であるという。  ベイリーの移籍金は当初、6000万ポンド(約80億円)と言われていたが、新型コロナウイルスの影響で市場価値が下落していることから、2000万ポンド(約27億円)から3000万ポンド(約40億円)であるという。  果たして、どのクラブがベイリーの獲得に動くことになるのだろうか。

フットボールチャンネル編集部

【関連記事】