Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

『鬼滅』全23巻は本当に「短い」のか?少年漫画の「巻数」激変の歴史

配信

現代ビジネス

『鬼滅』最新刊の印税は1億円超え

 社会現象にまでなった『鬼滅の刃』は5月に週刊少年ジャンプの連載が終了し、単行本は21巻まで出されている。単行本に収録されてないのは188話から205話の18話分なので、9話ずつ収められ、全23巻となるはずである。 【写真】 閲覧注意…『進撃の巨人』の元ネタになったとも言われる衝撃事件  21巻は初版で300万部刷られている(帯にそう書かれている)。  下世話な話だが、1冊440円税別だから単純に掛けて、21巻の1冊だけの売上が初版で13億2000万円税別、著者印税も1冊で1億円超える(たぶん売上の1割)。  23巻で終わらせるのはもったいない、と考える大人がけっこういたのだろうなという想像がつく。

連載終了後いかに儲けるか?

 ただ『鬼滅の刃』の人気が爆発したのはアニメが始まってからである。  アニメは2019年4月に始まり、そこから人気が広まっていった。  この時点で、ジャンプ連載中の漫画本作は最終戦「無限城の戦い」に入っていた。すでに著者や編集者は、だいたいの終了を見越して、最終段階の作業に入っていたはずである。急に売れ出したからといって、もはやストーリーを変えるわけにはいかない。少々引き延ばすことは出来たとしても、最終戦から敵のボスが逃げ出して、違うターンに入ってしまったら、作品世界が成立しない。  まさかそんなことにはならないだろうな、と、少し不安になりながら読み続けていた。  いちおう無理な引き延ばしもなく、全205話で終了した(204話で終わって、あと1話はふしぎなおまけ、というのが近いとおもうが)。  単行本は23巻までとなった。  出版社は、巻数を増やすのが無理となったので、20巻以降は「特装版」に力を入れているようだ。特装版は20巻(ポストカード付き)が990円、21巻(シール付き)1320円、22巻(缶バッジ・小冊子付き)2200円、23巻(フィギュア付き)5720円と、どんどん値段が上がっていくのがすごい。うちの近くの書店では、22巻と23巻の特装版は申し込んだ時点ですべて前金で払わないといけないシステムになっていた。  ほんとはもう少し巻数を増やしたかったのだろうなとおもう。

【関連記事】