Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

J1再開 7・4の記憶 神戸から(2)~「いつもの流れ」に感じた心意気~

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ラジトピ ラジオ関西トピックス

 7月4日、待ちに待ったサッカー・J1リーグ戦の再開の日。ヴィッセル神戸の試合が、2月23日のJ1第1節以来、ノエビアスタジアム神戸(ノエスタ)に戻ってきた。その第2節、サンフレッチェ広島戦での『リモートマッチ』の取材レポート、第2回は、試合直前のスタジアムの雰囲気を伝える。  スタジアムに入り、5階の記者席へ。ピッチを観られるところに来ると、すでに両チームがウォーミングアップを実施。そして、スピーカーからは、『リモート応援システム』によるヴィッセル神戸サポーターの応援チャントが流れていた。無音ではなく、この音があるだけでも、なにか臨場感が増す感じがする。  さらに、バックスタントとゴール裏スタンドの一部は、ヴィッセルカラーのクリムゾンレッド、黒、白のパネルが並べられ、バックスタンド中央にはロゴの「V」の字が彩られた。  一方、メインスタンドのヴィッセル側には、事前に募集されていたサポーターや選手のパネルが数多く置かれている。記者席からはそのパネルの表側を見ることはできなかったが、あとから写真や映像で確認すると、そのパネルのなかには、昨シーズンまでクラブに在籍していたダビド・ビジャ氏、ルーカス・ポドルスキ(アンタルヤスポル/トルコ)、そして、今季からヴィッセル神戸スペシャルDJを務めるマーク・パンサーさんの姿もあった。  選手たちが試合への最終準備を行うなか、ヴィッセルの公式戦ではおなじみの曲、The Lightning Seedsの“Three Lions”が流れ出す。” It's coming, Football's coming home”、その歌詞が、まさに今こそ身に染みる、心に響く。スタジアムDJはアナウンスで、Jリーグ再開へ尽力した方々への感謝の言葉とともに、こう続ける。 「ファン、サポーターの皆さんと熱狂のスタジアムでお会いできるように、ぜひ引き続き、手を取り合って頑張ってまいりましょう。今日のリモートマッチはそれぞれの場所からそれぞれのスタイルで、熱い応援をよろしくおねがいします。さあ、まもなく戦いが始まります。気持ちをひとつにして、トモニ闘おう。皆さん、今日もヴィッセル神戸への熱い応援をよろしくお願いします!」。  さらに、選手がピッチからいったん引き上げた開始15分前、これもヴィッセル戦では恒例、「威風堂々」の曲が流れるなかでの、ビジター(アウェイ)サポーターへのメッセージが、いつものようにアナウンスされる。 「ビジターチーム、サンフレッチェ広島のサポーターの皆さま、本日はリモートマッチになりましたが、ぜひまた皆さまが、私たちの街、神戸へ、ここノエビアスタジアム神戸へお越しいただける日が来ることを楽しみにお待ちしています。さあ、まもなくキックオフとなりますが、今日のこの一戦が素晴らしい試合となるよう、みなさま、それぞれの場所から、それぞれのスタイルで、どうか最後まで、両チームを通じて、熱い応援をどうかよろしくおねがいします」。  この対戦相手サポーターへのウエルカムメッセージは、ヴィッセルホームゲームで常に行われ、まさに相手をリスペクトした、Jリーグのよさを感じさせる光景だが、この『リモートマッチ』でも行われたことに意義がある。広島のチーム、スタッフ、関係者、そしてサポーターにも、きっと思いは届いているはずだ。  そして、いざ、スターティングメンバーの紹介。これも、いつもどおり。ヴィッセル選手紹介時のテーマ、KISS の” Do You Remember Rock and Roll Radio”のイントロが流れたところから試合へのテンションがさらに高まっていく。いつもと違うのは、最後に行う「WE ARE KOBE!」の掛け声のとき、サポーターの「KOBE!」という雄叫びがないこと。こればかりは仕方ない……。  そして、ヴィッセル戦の試合直前にいつも歌われるサポーターズソング「神戸讃歌」。事前にサポーターから募集していた歌唱映像が見事に編集され、場内の大型ビジョンに映し出されると、より一層、迫力を感じるものに。やはり、「神戸讃歌」がないと、ヴィッセルのホームゲームは成り立たない。  パネル、映像制作なども含めて、クラブスタッフのこの試合にかける思いと努力がつまったホームゲームづくり。改めて、1試合を行う労力の大変さを痛感する。この頑張りが報われますように……、メディアのひとりながら、そういう思いにもかられたなか、いよいよ試合モードになっていく。 ≪(3)へつづく≫ (前田敏勝)

ラジオ関西

【関連記事】