Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

DAOKO、アッパーな幼少期を過ごしたのに…10代で「ダウナー」になったワケ

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
J-WAVE NEWS

J-WAVEで放送中の番組『SEIKO SOUND STORAGE』では、ミュージシャンやスポーツ選手など、各界で活躍するゲストがマンスリーで自らの音楽遍歴を語る。6月はDAOKOが登場。 【画像】ハロウィンに猫コスプレをするDAOKO 5日(金)のオンエアでは、自宅での過ごし方や子どものころに聴いた音楽、自身の生い立ちについて語った。

今、宅録をして思い出す昔の気持ち

DAOKOは新型コロナの影響でライブができなくなったこともあり、ほとんどの時間を家で過ごしているという。 DAOKO:音楽は家でできることもあるんです。宅録音源をSNSで公開したり、弾き語り的なことはできたりするんですね。でも、そんなにたくさんはないというか(笑)。アプローチの仕方がSNSしかないので、そのなかで何ができるかをいろいろと考えさせられた期間でもありました。ライブができていた日を夢に見ながら、やきもきしながら、みなさんとたぶん同じ気持ちで私も過ごしています。 外出自粛期間中の音楽制作は、「普段は宅録のものをリリースしているわけではないので、あくまでSNSで、みんなでライトに楽しめるようなレベルのものをね」とDAOKO。 DAOKO:家だとコンデンサーマイクとオーディオインターフェイスだけの状態で録っているので、環境的にはスタジオのほうが絶対にいい。限界があるなと思いつつ、私は宅録から音楽活動をスタートさせたので、ちょっと懐かしい。「宅録ならではのよさ」みたいなものも思い出しながら、原点回帰があったなという自粛期間でしたね。

レイ・ハラカミ、トクマルシューゴ…好きな音楽も聴き返した

過去に聴いていた音楽にも回帰したそうだ。 DAOKO:家で聴くのは作業用BGM。優しい音楽であったり、あまり激しい主張のない歌詞とかであったり。「頑張れ」みたいな曲はちょっと聴けないな。聴けないというか、心の気分に合わせたら、レイ・ハラカミさんとかトクマルシューゴさんとか、ネイチャーなよさ。「ひとりぼっちでも寂しくないよ」と問いかけてくれるような、温かい音楽を自然と求めていて、本を読むときとかに流していたんです。あとは過去に回帰するというか、今まで聴いてきた音楽を聴き返す時間もすごくたくさんあったので、いろいろとさかのぼりました。そのなかでも小学生のときに聴いていた曲をたまたまiTunesで発見したんです。 ここでDAOKOは、ALI PROJECT『月蝕グランギニョル』をオンエアした。 DAOKO:「この曲がDAOKOと結びつくのか?」みたいなところもあるんですけど、聴き直してみるとけっこう影響を受けていたのかな、みたいな。歌詞の世界観が幻想的というか、ALI PROJECTにしかない色や世界観が作り上げられているので、そういうものに惹かれる傾向が昔からあったんだなって思います。私が好きな椎名林檎さんとか、平沢 進さん、岡村靖幸さんとか。その人にしかできない音楽をやっているというのはすごく憧れるし、自分もそうでありたいなというふうに思わせられますね。

【関連記事】