Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

吉村洋文・大阪府知事「医療崩壊も想定内だ」〈時には法律を超えた「政治判断」にも僕は踏み切る〉――文藝春秋特選記事【全文公開】

配信

文春オンライン

 コロナの患者が3374なんて、医療が崩壊するじゃないか――。  3月19日午前、「大阪府・兵庫県における緊急対策の提案(案)」と題された厚労省の非公開文書を目にして、僕は衝撃を受けました。そこには、こう記されていたのです。 〈(両府県の全域で)見えないクラスター連鎖が増加しつつあり、感染の急激な増加が既に始まっていると考えられる〉  その試算によれば、4月3日までに患者数は〈3374人(うち重篤者227人)〉に到達し、〈重症者への医療提供が難しくなる可能性あり〉という。文書を見た時点で両府県の感染者は200人強でしたから、あっという間に約15倍に膨れ上がるということです。その急速な増え方に大きな危機感を抱かざるをえませんでした。  しかも、この文書には、〈1人が生み出す2次感染者数の平均値が兵庫県で1を超えている〉とも記されていました。大阪では1を下回る傾向にありましたが、この数値が1を上回ると、感染が拡大するとされています。そして、〈今後3週間〉の〈大阪府・兵庫県内外の不要不急な往来の自粛を呼びかける〉と太文字の提案内容が記載されていました。 「表に出すべきとちゃうか」  僕がこう主張すると、担当部局の職員から「非公表文書として国から提供のあったものです」と注意がありました。彼らとしては、当然の反応でしょう。でも、出すべきだ――そう思っていたところに、大阪市の松井一郎市長から連絡がありました。 「吉村、見たか?  あれ、出した方がええと思わへんか?」 「そう思います。しかも、明日から3連休です。阪神間の行き来が増えるのは間違いない。府民、県民の皆さんに情報を伝えるべきです」  松井市長とそんなやり取りをして、急遽、兵庫への往来自粛を要請し、その根拠として、先の厚労省の文書も公開しようと決めたのです。  しかし、事は一刻を争います。部局の職員に相談すれば、反対されるのは目に見えていましたし、兵庫や国に根回しをしている余裕もなかった。そこで松井市長が夕方の退庁時に厚労省文書の存在を明かし、その後、私が囲み取材において、正式に往来の自粛要請を行いました。

本文:7,492文字

写真:4

続きをお読みいただくには、記事の購入が必要です。

すでに購入済みの方はログインしてください。

税込330
PayPay残高
T-POINT
使えます
サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上ご購入ください。購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください購入した記事は購入履歴で読むことができます。

吉村 洋文/文藝春秋 2020年5月号

文春オンラインの有料記事

PayPay残高使えます