Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

恐れていた感染第2波、正体は感染力を増したG系統

配信

JBpress

■ 新型コロナは今のところ6系統が存在する  新型コロナウイルスの新規感染者が再び増加している。国内における1日の新規感染者が2桁にとどまっていた5月から6月にかけての楽観的な状況は一変し、6月下旬からは3桁台が続いている。厚生労働省によると、1日のPCR検査の件数(結果判明日)が7月3日に1万件台を突破しており、検査件数の増加も感染者増の一因だが、感染第2波の到来といってもおかしくない状況だ。 【図】新型コロナウイルスは2月以降、この図にあるように突然変異で6系統に枝分かれしている。武漢で発生した暖色から欧州で発生した寒色へとウイルスの系統がシフトしていることが分かる  現在、蔓延している新型コロナは世界を席巻している「欧州株」である可能性が高い。この7月には、NETFLIXのドラマ『梨泰院クラス』で知られる韓国のナイトスポット、梨泰院(イテウォン)で集団発生したウイルスが欧州株だと韓国で報じられている。  過去に日本ではPCR検査をめぐって賛否両論が交わされたが、検査拡大という方針は事実上、固まった。また、海外ではウイルスの持つ遺伝情報の全体(フルゲノム)を調べ、その進化を監視する動きが広がりつつある。日本ではまだあまり認識されていないが、新型コロナウイルスは6つのグループに分かれることが明らかになっている(Clade=クレードと称される、以下では系統と示す)。  中でも、急速に存在感を増しているのが、欧州で増加している「G系統」と呼ばれる一派だ。今では、さらに枝分かれして「GH系統」「GR系統」も登場している。韓国の梨泰院で発生したと報じられたのはGH系統だった。世界中で研究が進む中で、これらG系統の手強さも分かり始めている。今後のワクチンや薬剤の開発にとっても、それぞれの系統の実態の掌握が必須になる。  筆者は獣医師資格を持つ立場から、動物のコロナウイルスの遺伝子変異について伝えてきた。今回は、新型コロナウイルスの最新型である欧州株について、これまでに見えてきた課題と対策について考察していく。

■ データから浮かび上がったウイルスの全貌  そもそも新型コロナウイルスは、類縁のコロナウイルスから突然変異して出現したと考えられている。突然変異とは、遺伝情報の変化のことだ。  コロナウイルスの仲間は遺伝情報をコピーするときに、エラーを修復する仕組みを持っており、突然変異は起きづらいと考えられている。それでもまれに起きた突然変異により、新タイプのウイルスは誕生する。新型コロナウイルスもこうした突然変異から生まれたわけだが、その感染性や病原性はさらなる突然変異によって変化している。  今では、新型コロナウイルスの遺伝情報は、瞬く間に世界中の研究者の間で共有されるようになっている。その主体は、世界中から集まるウイルスの遺伝情報を集約している「GISAID(鳥インフルエンザ情報共有の国際推進機構)」だ。GISAIDは鳥インフルエンザ対策のため2006年から活動を始めた国際組織で、2003年以降、高病原性鳥インフルエンザが流行した際に、国際的な情報共有が各国の政策などで滞った反省が基で設立された。  今や新型コロナウイルスの遺伝情報を丸ごと解析したデータが毎日数百単位でGISAIDに集まり、研究者が日夜、このデータを用いて研究している。GISAIDがデータ共有の壁を取り払った形だ。  数千に及ぶウイルスのデータを比較することによって浮かび上がったのが、突然変異に伴う枝分かれの全貌だ。  最初は武漢で発生した「S系統」や「L系統」が中心となっていたが、「L系統」から「G系統」と「V系統」が誕生。さらに、「G系統」から「GH系統」と「GR系統」が誕生している。時折、小さな系統(Other、O)も枝分かれするが、多くは途絶え、最終的に6系統に収れんしている状況だ。GISAIDのホームページを見ると、2月以降、世界で系統がどのように発生し、変化したかということが動画で確認できる。  系統の枝分かれを起こしているのは、前述のようにウイルスの遺伝情報の変化だ。このときに鍵を握っているのが、「Sタンパク質」の遺伝情報の変化である。新型コロナウイルスは「いが栗」のようにトゲを持つ球形をしており、このトゲを作るタンパク質がSタンパク質だ。ほかにもNタンパク質やMタンパク質などもあるのだが、系統ごとの性質の違いにつながるのは主にSタンパク質である。

【関連記事】