Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

『緊急事態宣言』コロナ禍が生み出した、超作家主義映画

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ニッポン放送

【Tokyo cinema cloud X by 八雲ふみね 第899回】 シネマアナリストの八雲ふみねが、いま、観るべき映画を発信する「Tokyo cinema cloud X(トーキョー シネマ クラウド エックス)」。 今回は、Amazon Prime Videoにて独占配信中の『緊急事態宣言』をご紹介します。

クリエイティブの力で、世界中を笑顔に! いつの時代も映画の灯は消えない

世界中で猛威を振るっている、新型コロナウイルス。2020年4月、日本でも“緊急事態宣言”が発出され、国民は“外出自粛”という、これまでにない経験をすることに。 そして現在もなお、「ウィズコロナ」「3密回避」「テレワーク導入」など“新しい生活様式”をキーワードに、さまざまな制約のなかで生活しています。 そんな折、まさに“いま”を映し出す映画が誕生しました。その名もズバリ、『緊急事態宣言』。 コロナ禍によってもたらされた社会の変化や意味を、5組のクリエイターがそれぞれ“映画”というかたちに刻んだオムニバス映画です。

この“実験的な試み”に集ったのは、気鋭の映画監督たち。 『湯を沸かすほどの熱い愛』の中野量太、『愛のむきだし』の園子温、ユニット“非同期テック部”を結成したムロツヨシ&上田誠&真鍋大度、『時効警察』シリーズの三木聡、そして『宮本から君へ』の真利子哲也と、持ち味の違う実力派監督たちが集結。 さらにオープニングアニメーションでは冠木佐和子、水江未来が監督を務め、共通オープニングテーマを石野卓球が担当しています。

自粛生活のなか、オンラインで誕生日パーティーを開く家族の様子を描いた『デリバリー2020』(中野量太監督)。 斎藤工を主演に迎え、COVID-19収束後に現れたさらなる狂暴なウイルスにより、100年も自粛生活が続く日本を描いた『孤独な19時』(園子温監督)。 俳優ムロツヨシが念願だった柴咲コウとの恋愛ドラマの撮影に挑む『DEEPMURO』(非同期テック部)。 新作映画の主演オーディションに見事合格した女優と映画監督による、不可思議なリモート演技指導を描く『ボトルメール』(三木聡監督)。 そして、日本時間の19時、あらゆる国や地域に暮らす人々の自粛生活を紡いだ『MAYDAY』(真利子哲也監督)。 制作にあたってのルールは、ただひとつ。「感染拡大の防止を徹底的に守ること」だけで、本編尺、ジャンル、言語などは一切不問。すべては、監督の自由な創造性に委ねられました。その結果、それぞれの作家性がくっきりと浮かび上がる、オリジナリティあふれる作品が揃いました。

【関連記事】