Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

〔東京株式〕買い先行=米国株高や円安基調を材料に(1日前場寄り付き)

配信

時事通信

 【第1部】1日午前の東京株式市場は、前日の米国株高や円安基調を背景にハイテク関連株中心に買いが先行し、日経平均株価は続伸して始まっている。  個別では、東エレク、アドバンテス、キーエンス、キヤノンが買われ、ソフトバンクG、ソニーも上伸している。また、三菱UFJ、三井住友、みずほFGのメガバンク株や大和証G、野村、第一生命も堅調に推移している。このほか、任天堂、ファーストリテも値を上げている。  半面、トヨタ、ホンダ、日産自の自動車株や日本製鉄、JFE、コマツ、日立建機の鉄鋼建機株が値を下げ、塩野義、リクルートHD、キッコーマンも下落している。また、三井不、菱地所、住友不の不動産株やサンデンは売り気配を切り下げ、エニグモ、三陽商、トウキョウベスも軟調に推移している。(9時15分)

【関連記事】