Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

D.I.Y.通が教える、おすすめ工具と基本の使い方。

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
FUNQ

ライフスタイルが変わり、自宅で過ごす時間が増えている方も多いのではないでしょうか? そんな自宅で過ごす時間を充実させる趣味として、人気なのがD.I.Y.。自分だけでなく、家族と協力して作り上げるのもまた楽しいところ。そんなD.I.Y.をこれから始めたいと考えている人におすすめの道具と使い方を、「Lightning」誌面でもD.I.Y.をレクチャーしてくれている「DIYer(s)」に教えてもらった。 まずは初心者が手に入れたい2つを紹介。

1.電動ドリルドライバー

ネジを留める、穴をあけるはDIYにおいて必ずある工程。この二役をこなすのが電動ドリルドライバーだ。先端に付けるビットも様々用意。

木材用の穴あけビットは、穴のあけ方で各種ある。左から下穴用ビット、座ぼり用ビット、ダボ穴用ビ ット、ボアビット、穴あけビット。

ビットは、キーレスチャックを左に回して開け、ビットを差し込み、右に回して締める。ビットが抜けないことを確認しよう。

スピード調整ができる変速スイッチを搭載。「1」が低速で「2」が高速。 慣れないうちは、低速側に設定して作業を行おう。

ドリルの持ち方は、まっすぐに力いっぱい押しながら、ネジを最後まで締め込む。ぶれないようしっかり押さえるのがコツ。

2.サンダー

サンダーとは、ムラなく効率的に材料を研磨する工具。

木材を切断したときにできるバリを取ったり、塗装前の下地を整えたりと何かと出番が多い。

ランダムサンダーは、研磨力が高いので、一カ所に留まらないように一定のリズムで動かし続けるのが、 ムラなく磨くコツだ。

サンドペーパーは、専用のものを使うのが一般的。パッドの底面に面ファスナーで取り付けるという仕組みだ。交換も簡単にできる。

マウスサンダーは、写真のように先端を使えば、箱や棚の角や入隅もしっかりと磨くことができるというメリットがある。

最も手軽に使えるのがGoPakシリー ズ。USBで充電ができ、さらにその充電器はスマホなどにも使えるという優れもの。屋外での作業に適したモデルだ 続いて中級者レベルのD.I.Y.を行うときに必要になってくるものを2つ紹介する。

【関連記事】

最終更新:
FUNQ