Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

チンパンジーが人間の子どもを殺害 ウガンダで今、何が起きているのか

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ナショナル ジオグラフィック日本版

 ンテゲカ・セマタの家族の暮らしは、ただでさえ苦しかった。アフリカ、ウガンダ西部の山の尾根に沿った小さな土地で、自分たちが食べる分と、わずかな現金収入を得るための作物を育てるのがやっとだった。なのにそのうえ、腹をすかせたチンパンジーの群れに、食料や身の安全さえも脅かされていた。 ギャラリー:チンパンジーとの対立深まるウガンダの住民  チンパンジーはその1、2年前から人家の近くに来るようになっていた。セマタ家が暮らすキャマジャカ村をうろついては、バナナやマンゴー、パパイアなどを探し回り、食べあさった。  だが2014年7月20日、悩みの種は恐怖へと変わった。おとなの雄とみられる1頭の大きなチンパンジーが、セマタ家のよちよち歩きの息子ムジュニをさらい、殺害したのだ。 「私が畑を耕しているときでした」と、2017年初めに話を聞いたとき、母親のンテゲカ・セマタは振り返った。彼女は幼い4 人の子どもの面倒を見ながら、きつい農作業をこなしていた。そして子どもたちに水を取ってあげようと背を向けたとき、チンパンジーが2 歳の息子の手をつかみ、走り去ったのだ。  男の子の叫び声を聞いて村人たちが駆けつけ、追いかける母親を手助けした。しかし、そのチンパンジーは粗暴で力が強く、あっという間にその子に致命傷を負わせた。  ムジュニは病院に運ばれる途中で息を引き取った。  ウガンダでは人間の子どもがチンパンジーに襲われるケースが続発していて、この地域だけで少なくとも3人が死亡し、6人ほどが負傷したり、間一髪で危険を逃れたりした。こうした襲撃の主な原因は、ウガンダ西部のチンパンジーの生息地が失われていることだと考えられる。国立公園や保護区の外の森林が農地に変えられ、建材や燃料のために樹木が伐採されているのだ。  危険なチンパンジーをなぜ移動させないのかとよく尋ねられると、英国の生物学者マット・マクレナンは話す。マクレナンは、ここに生息するチンパンジーの群れと住民の間の危険をはらんだ相互関係を研究している。  しかし、ウガンダのチンパンジーの生息地には、どこにも「空き」はない。別のチンパンジーの縄張りに移せば、チンパンジー同士の争いが起きるだろう。第二の選択肢は、住民を守るためにチンパンジーを殺すという恐ろしいものだが、公式な政策としては、誰もこれを支持しないだろう。第三の選択肢は、コーヒーの苗木やまきの使用量が少ないコンロ、植林のための奨励金、井戸、従来のものに代わる収入源といった対策や、忍耐、共感などに訴えることだ。  これは地域的な問題だが、それだけにはとどまらない。ウガンダが抱えるジレンマはアフリカ各地にいるチンパンジーの未来を予言している。 ※ナショナル ジオグラフィック日本版8月号「チンパンジーの脅威」より抜粋。

文=デビッド・クアメン/ジャーナリスト

【関連記事】