Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

“将軍”が2人も! 伊メディアが選出したセリエAのフランス代表選手ベストイレブンが豪華すぎる

配信

SOCCER KING

 これまで、セリエAでは世界中の有名選手がプレーしてきた。オランダ代表のマルコ・ファン・バステン、ドイツ代表のローター・マテウス、アルゼンチン代表のディエゴ・マラドーナ、ブラジル代表のロナウド…挙げ始めたらキリがない。  イタリアメディア『フットボールイタリア』は26日に、1970年以降同リーグでプレーしたフランス代表選手でベストイレブンを作成した。世界各国の中でも有数のタレントをセリエAに送り出してきたフランス、その輝かしい面々を紹介しよう。

■1970-2020 セリエAで活躍したフランス代表選手ベストイレブン

※システムは4-5-1を採用

▼GK セバスティアン・フレイ(インテル:1998-2001/エラス・ヴェローナ:1999-2000/パルマ:2001-2006/フィオレンティーナ:2005-2011/ジェノア:2011-2013)

 ブロンドの髪が印象に残るため、人々はフレイがどれほど優秀なGKだったかを忘れがちだ。落ち着き、運動能力、そして優れたフットワークを武器に、インテルやパルマ、フィオレンティーナ、ジェノアなどで活躍。彼がキャリア最高の状態にあったのは、おそらくフィオレンティーナ時代だろう。

▼DF リリアン・テュラム(パルマ:1996-2001/ユヴェントス:2001-2006)

 1990年代から2000年代のセリエAを代表する右サイドバック。パルマ、ユヴェントスでハイパフォーマンスを披露した。インテリジェンスとダイナミズムにあふれたテュラムのプレーは、多くの人を虜にしたと言えるだろう。センターバックをこなす器用さも兼ね備えていた。

▼DF マルセル・デサイー(ミラン:1993-1998)

 屈強な“壁”のようなデサイーは、対人プレーで無類の強さを発揮した。強く、素早く、巧み――。また、得点力に秀でていた点も、彼の魅力の一つだった。ミランでは主にMFとして起用されていたが、『フットボールイタリア』は右センターバックとして採用している。

▼DF ジョナタン・ゼビナ(カリアリ:1998-2000/ローマ:2000-2004/ユヴェントス:2004-2010/ブレシャ:2010-2011)

 おそらく、左センターバックにはナポリやインテルで活躍したローラン・ブランが入ると思った人も多いはず。だが、『フットボールイタリア』は「2つの理由」でゼビナを選んだ。まず一つ目は、彼はセリエAで238試合に出場しており、才能のない選手はこのようなキャップ数を刻むことができないということ。二つ目は、彼は順応性に優れており、複数ポジションをこなすことができたということだ。

【関連記事】