Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

福島の果物全国にPR ミスピーチ本格活動スタート

配信

福島民報

 県くだもの消費拡大委員会の2020ミスピーチキャンペーンクルーは三日、福島市役所で出発式を行った。クルーが委員長の木幡浩市長に果物の消費拡大と風評払拭(ふっしょく)に尽力したいと誓い、今年度の本格的な活動をスタートした。  新型コロナウイルスの影響で今年度の選考会は中止となった。二〇一八、二〇一九年度のクルー経験者から鈴木彩夏さん(南相馬市、会社員)、佐藤梨央さん(福島市、会社員)、加藤さわさん(会津美里町、大学生)、五十嵐まゆみさん(福島市、主婦)、柴田裕唯さん(福島市、大学生)、関根優花さん(郡山市、大学生)、丹野春花さん(福島市、専門学生)、山田奈菜さん(福島市、大学生)、小松穂乃亜さん(福島市、大学生)、高橋亜希さん(福島市、大学生)の十人を選出した。  出発式でクルーは「たくさんの愛情を受けて育った福島の果物をフレッシュにPRしたい」などと抱負を述べた。丹野さんが欠席した。

 例年、クルーは首都圏の百貨店やJR福島駅などで試食販売を実施するが今年はPR方法を検討している。

【関連記事】