Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

本家より先に開幕した「eBASEBALL プロリーグ」 コロナ禍で届けた“リアル”の裏側

配信

Full-Count

新型コロナウイルスの影響で“リアル”開幕戦が延期、ファンに野球を

「eBASEBALL プロリーグ」は、一般社団法人日本野球機構(以下、NPB)と株式会社コナミデジタルエンタテインメント(以下、KONAMI)の共催という形で発足した「実況パワフルプロ野球」(以下、パワプロ)のプロ野球 eスポーツリーグだ。そのリーグのこれまでの軌跡とこの先の展望について、主催のNPB、KONAMIを代表して谷渕弘氏(KONAMI/eBASEBALL プロリーグ 統括プロデューサー)にインタビューを行った。 【画像】「チンピラに絡まれたと」… DeNA山崎と広島鈴木が路上でバッタリ遭遇  第3回は「“バーチャル” の開幕戦」。3月29日から4月5日にかけて行われた「プロ野球 “バーチャル”開幕戦 2020 powered by eBASEBALL」を取り上げる。  2020年1月に読売ジャイアンツが日本一に輝き「eBASEBALL プロリーグ」は2年目のシーズンを終えた。「eBASEBALL プロリーグ」が終われば次は “リアル” のプロ野球が2月にキャンプインとシーズンの始まりを告げた。しかし、新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、3月20日に予定されていたプロ野球の開幕は延期。先の見通しも立たない状況へと一変した。  そのなかで、3月24日に「プロ野球 “バーチャル”開幕戦 2020 powered by eBASEBALL」の開催が発表された。実際に予定されていた開幕戦と、その次のカードの試合を各球団を代表するプロプレイヤーがパワプロで対戦する。球場で行われるはずだった熱戦をゲームという仮想空間上で行う、特別企画だった。その開催の経緯を谷渕氏はこう語る。 「新型コロナウイルスの影響でプロ野球の開幕が延期されたなか、eスポーツであれば、開幕を待つプロ野球ファンの皆さまへ野球をお届けできるのではないかということでNPB、プロ野球12球団からお話をいただき、実施の検討に入りました。このような時期であり、何かしら世の中を明るくしたいという考えはみなさん同じで、すぐに合意に至りました」  プロ野球の開幕延期が決まったのが3月9日のこと。すなわち、企画の始まりは早くともそれ以降だ。「3月上旬の企画提案から下旬の配信まで、これまでにありえないぐらいのスピードで進みました」と振り返るように、下地はありながらも1か月も経たないうちに開催するスピード感には驚かされる。 「関わっていただいた方々が、それぞれの役割を素早く実施していただいた賜物だと思います。時間のない中、監督やプロ野球選手などにも動画出演等でご協力いただき、大変感謝しております」

【関連記事】