Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

同世代に対話通じて平和を訴える 高校生平和大使の山口雪乃さん #8月のメッセージ

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
47NEWS

 若者として、平和のために何ができるだろうか―。被爆地、長崎で生まれ育った活水高校(長崎市)3年の山口雪乃さん(17)は、核廃絶署名を集める「高校生平和大使」として国内外で活動する。原爆や戦争を知らない同世代がいることに衝撃を受けたことが、今の平和活動の原点だと語る。(共同通信=磯田伊織)  ―「高校生平和大使」は何をするのか  核兵器廃絶を国内外に訴える高校生で、全国から公募で選ばれます。街頭で核廃絶を求める署名を集めたり、それを毎年、国連機関に届けたりしています。私は2019年に長崎選出の大使としてノルウェーを訪れ、ノーベル平和賞委員会を表敬訪問し、現地の学生と交流しました。  ―ノルウェーでの交流はどうだったか  現地の学生は初め、「ヒバクシャ」という言葉すら知りませんでした。でも、自分の今の活動や、被爆者である祖父が家や家族を失って苦労した体験を話すと「活動についてもっと聞かせて」「被爆したことは、おじいさんの今の生活にどんな影響があるのか」などと質問してくれて会話が弾みました。中には「どうしたら平和大使になれるのか」と尋ねてくれた人もいて驚きました。

 ―交流を通して感じたことは  「今の若い世代は平和活動や核問題に関心が無い」と言われることがあります。でも、ノルウェーで改めて感じたのは、無関心なのではなく、興味を持つきっかけが無いだけなのではないか、ということです。  日本でも同じことが言えると思います。私は生まれも育ちも長崎の被爆3世。小さいときから学校や家庭で被爆体験を聞いてきました。また、長崎の学校は毎年、長崎に原爆が投下された8月9日が登校日に設定されていて、夏休み中でも、その日は学校に来て平和を祈る集会を開きます。  小学校高学年の時、佐賀県に住むいとこと何げなく学校のことを話していました。そこで初めて、他県では8月9日が登校日ですらないことを知り、自分の中の常識が崩れ、ショックを受けました。  また、他県の学生との交流を通じて、世の中には長崎への原爆投下のことを知らなかったり、そもそも戦争自体を知らなかったりする同世代がいると知り、その存在はさらに衝撃的でした。

【関連記事】

最終更新:
47NEWS