Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

西武今井、四球から崩れ5失点「すごい悔いが残る」

配信

日刊スポーツ

<西武0-6オリックス>◇1日◇メットライフドーム 無安打同士の投げ合いで西武今井達也投手が先に崩れた。6回先頭安達に四球を出すと、吉田正に先制2ランを浴びた。5回まで無安打投球の投手戦をオリックス鈴木と演じるも、均衡を破られた。 【写真】宮川と投手交代し、うつむきベンチへ下がる今井 後続にも打たれ勝機を逸し、5回1/34安打5失点(自責3)で降板。「安達さんが100%の四球狙いという、見ていても感じ取れたので。そこで四球を出す出さないで結果は違ったと思う。切れていたら変わったので。本当にあそこがすごい悔いが残りますね」と悔しがった。

【関連記事】