Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

幼児の知育活動は五感を大切に

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ベネッセ 教育情報サイト

お子さまの知育教材選びにお悩みになる保護者のかたは少なくないでしょう。せっかくの自宅時間を有効に活用するために、今回はご家庭で楽しめる知育活動の選び方をご紹介します。加えて、数ある教材の中から特に気軽に取り組める塗り絵の効果をお伝えします。

幼児の知育活動は手で触れるものが大切

お子さまと一緒に知育活動に取り組み、自宅時間を充実させてはいかがですか。知育活動は、手で触れて実際に体験することがとても重要です。こちらでは、ご家庭で知育活動を行ううえで大切になる3つのポイントをお伝えしましょう。 ●手や指を使う動作で五感を刺激する お子さまに手や指を使った体験を積ませることで、五感を刺激し、成長を促すことができます。感覚は独立に働いているわけではなく、互いに影響しながら複合的に感覚を形成することから、こうした体験が非常に重要になるのです。塗り絵をしたり積み木をしたりする活動では、繊細な手の動きが求められます。発達段階ごとに、少しずつ器用な動きができるようになり、お子さま自身も自分の成長を楽しむことができるでしょう。 ●身の回りにある題材から学ぶ 子どもたちにとっては、すべての経験が学びになります。保護者のかたがしていることをまねしたがったり身近にあるものに興味を持ったりする姿をよく見かけるでしょう。 その興味関心を生かし、お手伝いをしてもらうなどは有効です。洗濯物を一緒にたたんだり料理を手伝ってもらったりすることは五感を使う知育活動につながります。 ●自分からしたいと思う知育活動を選ぶ お子さまによって関心を持つ分野はまったく異なります。こまごま手を動かすことが好きな子もいれば、大胆に体を使った活動が好きな子もいるでしょう。飽きずに続けられるのは、お子さまが気に入っている証拠。 子どもの「これが好き!」を大切に知育活動をすることで、自主性を育むこともできます。

知育活動の塗り絵の効果とは?

今回は、知育活動の中でも特に気軽に取り組める塗り絵の効果についてご紹介しましょう。近年、インターネット上には塗り絵の無料ダウンロードツールがたくさんあります。調査データからも、「コロナ禍において、プリンターの活用頻度」が「上がった」と回答したかたの約17%が「塗り絵やペーパークラフト」をプリントする頻度が増えたということがわかりました。 では、幼児が塗り絵に取り組むとどのような効果が期待できるのでしょうか。 ●器用になる 丁寧に色を塗り分けようと塗り絵に取り組むことで、器用さを高めていくことができます。時間がかかってもいいので、お子さまのペースで細かく塗れるように促していくとよいでしょう。 ●集中力を高められる 塗り絵は、ある程度、活動の枠が決まっている取り組みです。線からはみ出さないように慎重に塗ることで、集中力を高めていくことができます。 ●運筆能力がアップする 塗り絵は色鉛筆やクレヨンを持ち、丁寧に手を動かしていきます。この活動は、文字を書く運筆能力を育む訓練につながっていきます。塗り絵は、きれいな字を書く素地を作る取り組みなのです。 ●塗り絵を通じて多様なモノを認識することができる 塗り絵では、たくさんの色を使い分けます。これにより、色彩感覚を育んだり色の特徴への気づきを深めることに有効です。さらに、色の塗り方や計画的に塗る練習をするなど、色彩に関する基礎的な力を養っていくことができるのです。さらに、絵柄を通じてモノの名前を覚えていくこともできるはずです。

【関連記事】