Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「やってる感」でのし上がってきた小池都知事が見すえる「次のステップ」とは?

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
週プレNEWS

新型コロナウイルスの第2波が広がりを見せるなか、7月の東京都知事選で圧勝し、知事として2期目を迎えた小池百合子氏。再選後も、「感染拡大特別警報」といったフリップを手に記者会見を行なう小池知事の姿を毎日のようにメディアが報じる一方で、過去4年間の小池都政に対する検証が十分に行なわれたとは言い難い。 週刊誌の記者として、小池都政の4年間を追い続けた著者がこの問いにあらためて向き合い、政治家・小池百合子の実像に迫るのが、和田泰明(やすあき)氏の著書『小池百合子 権力に憑(つ)かれた女』(光文社新書)だ。(この記事は8月24日発売の『週刊プレイボーイ36号』に掲載されたものです) * * * ――今、小池百合子という人物について本にまとめてみようと思われたきっかけは? 和田 前回、2016年の都知事選では、いわゆる「小池劇場」と呼ばれたさまざまな出来事がありました。「小池都政の4年間を追いかければ一冊の本にできるんじゃないか」と思い、取材を続けていました。 本は都知事選の前に出すつもりで、今年の初めには最初の原稿を書き終えていましたが、その後、新型コロナの問題が一気に広がると、人々の視線は小池知事のコロナ対応に集中し、都知事選の議論も「新型コロナ問題のワンイシュー選挙」のような雰囲気になってしまいました。 本当なら過去4年間の小池都政を振り返るべきなのに、各メディアの都庁担当記者たちもコロナ対応で忙殺され、過去を検証する余裕がない。だからこそ、ちゃんと振り返る本が必要だと思ったんです。 選挙前には石井妙子(たえこ)さんの『女帝 小池百合子』(文藝春秋)が出版され、私の本は選挙後の発売という形になりましたが、その分、ギリギリまで取材ができたので、結果的にはよかったなと思っています。 ──取材を続けるなかで、和田さんの小池百合子像はどう変化していったのでしょう? 和田 4年間取材を続けてきて感じたのは小池知事の驚くべき「薄っぺらさ」です。彼女にとっては「自分が都知事であること」だけが重要で、中身がないのにメディア対応の巧みさだけで、ここまでのし上がってきた人なんだということがよくわかりました。

【関連記事】