Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

初共演、堤真一&石田ゆり子夫婦の写真解禁! 原作者「こんなにも泣かされるなんて!」<望み>

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ザテレビジョン

10月9日(金)に公開される、堤真一主演の映画「望み」の新たな場面写真が解禁された。 【写真を見る】堤真一&石田ゆり子、眉を歪ませる表情を映した夫婦写真  本作は、「人魚の眠る家」「十二人の死にたい子どもたち」の堤幸彦監督最新作で、原作は「検察側の罪人」の雫井脩介による小説「望み」。20万部の累計発行部数を記録し、読者満足度が100%(ブクログ調べ)を達成したベストセラー・サスペンス。 ■ 堤&石田の演技を監督が絶賛!「何度ももらい泣きした」 今回解禁された場面写真は、本作で初共演を果たした主演の堤と石田ゆり子の姿をとらえている。 成功した建築家でありながら、思春期の息子を持つ父親・石川一登を演じる堤真一の演技について、堤監督は「実力派ならではの大胆な演技と神経質な演技の両方を兼ねそなえ、まるで役を生きているようだった」と絶賛。 また、在宅で校正の仕事をする知的で優しい母親であり、息子が殺人事件への関与を疑われ世間から中傷を浴びる中、ひたすらに息子が生きて帰ってくることを願う強さを持つ母親・喜代美を石田が演じる。 そんな石田の演技に対し、堤監督は「もらい泣きしたところが何度もあった。石田さんの品の良さが 100%発揮された」と評価。 完成された作品を見た原作者・雫井は「自分の作品の原作映画でこんなに何度も泣かされるなんて!」と、絶賛コメントを送っている。 ■ あらすじ 一級建築士の石川一登とフリー校正者の妻・貴代美は、一登がデザインを手掛けた邸宅で、高校1年生の息子・規士(岡田健史)と中学3年生の娘・雅(清原果耶)と共に幸せに暮らしていた。 規士はけがでサッカー部を辞めて以来遊び仲間が増え、無断外泊が多くなっていた。高校受験を控えた雅は、一流校合格を目指し、毎日塾通いに励む。 冬休みのある晩、規士は家を出たきり帰らず、連絡すら途絶えてしまう。翌日、一登と貴代美が警察に通報すべきか心配していると、同級生が殺害されたというニュースが流れる。警察の調べによると、規士が事件へ関与している可能性が高いという。さらには、もう一人殺されているといううわさが広がる。 父、母、妹――それぞれの“望み”が交錯する。 (ザテレビジョン)

【関連記事】