Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

正社員を辞めても貯金額が2倍に。貯まる人生計画の立て方

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ESSE-online

お金にまつわる心配は、将来の生活が成り立つかどうかが見通せないこと。子どもの教育費や住宅ローン、老後資金など、かかることはわかっているけど、その実態がつかめず、漠然と不安と焦りを感じている人も多いのでは? そこで、60代までの未来計画を立てて、お金の不安を解消した達人にクローズアップ。貯めどきと使いどきを把握して、身の丈にあった生活を送りつつ、無理なく貯蓄も。その暮らしぶりを取材しました。 定額給付金の使い道は?「税金と生活費で終わる」「食費を補てん」

60代までの計画を立ててお金の不安なし。年180万円の貯蓄に成功

貯め上手な人たちを『オカネジェンヌ』として選出したESSEのコンテストで、銅賞を受賞したHさん。2度の出産を経験して見えてきた、“自分たちがしたい暮らし”のため、あえて正社員からパートへと働き方を切り替え。妻の月収は半分以下になりましたが、逆に貯蓄ペースは加速し、総貯蓄額は5年前の約2倍に! 「ライフプランを作成して、お金を貯める時期、使う時期を把握してから、むやみに焦ることがなくなりました。今は、負担の少ない働き方で子どもたちとの時間を大切にしながら、身の丈にあった生活を送る時期。細かい節約はしていませんが、気持ちが満たされたら暮らしがよりシンプルになり、ムダを省けた分が貯蓄として形になっています」 今後も、仕事も貯蓄も“細~く長く”続けていくつもりだそう。 ●Hさん(岡山県・31歳) 夫(32歳)、長男(4歳)、長女(2歳)の4人家族。住まいは4DKの賃貸一戸建て。建設会社の事務パート勤務。先取り、学資保険を合わせた毎月の貯金とボーナスで年180万円貯金。 【Hさんの家計表】 夫の月収(手取り) 340,000円 妻の月収(手取り) 70,000円 児童手当 25,000円 収入合計 435,000円 住居費 30,000円 食費 50,000円 電気料金 10,000円 水道料金 5,000円 ガス料金 7,000円 通信費(携帯電話2台分) 8,500円 日用雑費 20,000円 レジャー費 16,000円 子ども費 30,000円 クルマ費 20,000円 こづかい(夫) 40,000円 こづかい(妻) 17,000円 保険料 10,000円 奨学金返済 33,500円 貯金 105,000円 支出総計 402,000円 収支 +33,000円 <Hさんの貯めHISTORY> 2014年 結婚 独身時代の貯金は結婚式に。貯金ゼロからのスタート! 総貯蓄額0円 2015年 長男出産 なにかと物入りで出費増。貯蓄ペースがダウン。 総貯蓄額250万円 2016年 総貯蓄額450万円→190万円 妻のクルマを購入し、利子のつく奨学金を返済。 2017年 職場復帰 時短勤務で仕事と育児の両立に奮闘! 総貯蓄額410万円 2018年 育児休暇 前年に長女を出産し、2度目の育休を取得。夫が転勤で新幹線通勤に。 総貯蓄額90万円 2019年 退職 再び時短勤務で職場復帰するも、想像以上のハードさに退職。パートに。 総貯蓄額330万円 2020年 総貯蓄額500万円

【関連記事】