Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

広瀬アリス、『世にも奇妙な物語』初主演 「シリアスな新たな一面を見て頂けると思います」

配信

クランクイン!

 女優の広瀬アリスが、今夏放送の土曜プレミアム『世にも奇妙な物語 ‘20夏の特別編』に番組初出演で初主演することが発表された。広瀬は「シリアスな新たな一面を見て頂けると思います」とコメントした。 【写真】しみが怖い…広瀬アリス初出演『世にも奇妙な物語 ‘20夏の特別編』場面写真  おなじみのストーリーテラー・タモリと豪華キャストが、視聴者を“奇妙な世界”へといざなう人気シリーズ『世にも奇妙な物語』。1990年4月にレギュラードラマとして放送を開始し、その後は特別編という形で年に2度放送するスタイルを続けている。  30周年という大きな節目を迎える最新作『世にも奇妙な物語 ‘20夏の特別編』は、例年は「春の特別編」として放送しているが、新型コロナウイルスの影響もあり、今回は「夏の特別編」として放送される。  広瀬は4つのエピソードのうちの1話、『しみ』に主演することが決定。広瀬が『世にも奇妙な物語』に出演するのは今回が初めてとなる。  『しみ』は、世にも奇妙な物語らしい、背筋がスーっと寒くなるような、典型的なホラーサスペンス。広瀬の他、宮川一朗太、山口香緒里、関めぐみといった実力派キャストが出演する。終盤には、視聴者の期待を裏切らない大どんでん返しが用意されており、最後まで目が離せないストーリー展開にも注目だ。  広瀬が演じる三浦あずさは、舞台となるクリーニング店の一人娘。ある日、黒ずくめの謎の女(関)にしみをとって欲しいと依頼されるが、そのしみはなかなか落ちない。そのうち、しみが人間の顔の形のように見え始め、あずさの父親・五郎(宮川)が突如死亡してしまう。その時の様子をみて、両親が何か隠し事をしているのではないかと感じたあずさは、母親の康子(山口)を問い詰めると、なんと父親の五郎が、過去に友人を助けるために殺人を犯し、それを隠蔽していたことがわかる。そしてあずさ自身もかつてその事件に関わっていた事を知るようになる。果たしてあずさにはどんな運命が待ち受けているのか?  広瀬は出演が決まった感想を「10代の頃から観ていたのでとてもうれしかったです」と語り、「たくさんの方から愛されてきた『世にも奇妙な物語』、私自身、最近コメディータッチのものが多かったので、シリアスな新たな一面を見て頂けると思います。是非、夏にゾワゾワしてください」とメッセージを寄せた。  土曜プレミアム『世にも奇妙な物語 ‘20夏の特別編』はフジテレビ系にて今夏放送。

【関連記事】