Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「暫定球打ちます!」と、言わなかったらどうなる? 暫定球にまつわるルールのまとめ【ゴルフルール早わかり集】

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
みんなのゴルフダイジェスト

2019年から施行されたゴルフの新ルール。その中から、知っておくべきルールを「GOLF DIGESTゴルフルール早わかり集2019-2020」より紹介。

暫定球とは?

紛失球、またはOBであった場合の打ち直しの処置を、あらかじめプレーしておくのが暫定球です。

Q:暫定球はどんなとき、どうやって打つ?

答え:暫定球または、OBの可能性のあるとき、宣言して打つ 解説:プレーした球がペナルティーエリア外で紛失するかもしれない、またはOBかもしれないと思った場合は、マーカーや他のプレーヤーに「暫定球をプレーします」と伝えて別の球をプレーすることができます。このときその別の球が暫定球であることを明確に伝える必要があります。

Q:暫定球であることを明確に告げずに別の球を打ってしまったら?

答え:元の球は紛失球となる 解説:元の球は紛失球となり、その別の球が1打罰でインプレーの球となります。例えば、1打目をプレーした後、暫定球であることを告げずに別の球を打ち直した場合は、その別の球が3打目としてインプレーに。

Q:暫定球をプレーした後で、元の球がコース上で見つかったら?

答え:暫定球でプレーできなくなる 解説:元の球が見つかったその時点で暫定球の役割は終わります。したがって、プレーヤーは元の球でプレーを続けなければなりません。もしその元の球がブッシュなど打てないところで見つかったとしても暫定球の方を選択することはできません。

Q:ペナルティーエリアで初めの球が見つかっても暫定球を選択できる?

答え:暫定球でのプレー不可 解説:元の球がペナルティーエリアの中で見つかった、または入ったのが事実上確実な場合、暫定球でプレーを続けることはできない。ペナルティーエリアの球をそのまま打つか、救済を受けてプレーします。

みんなのゴルフダイジェスト編集部

【関連記事】