Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

A-TECHのフルカーボン外装!「ニンジャZX-25R」のシルエットが一気にレーシーに

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
WEBヤングマシン

燃料タンクカバーの造形が見どころ

デビュー間もないNinja ZX-25Rだが、早くもカスタムパーツが多数登場し、各社がしのぎを削っている。今回情報を入手したのは、エーテック(A-TECH)製ドライカーボン外装をフル装備したSNIPERのデモ車だ。 【写真×3】フルカーボン外装のニンジャZX-25Rのスタイリング

大型スクリーンに切り立った造形の燃料タンクカバー

カワサキおよびカワサキインドネシアが製作したレースイメージカスタム車両には、それぞれにエーテックのドライカーボン外装が装着されていた。それらの車両は保安部品が取り外され、ヘッドライト部分も覆われていたが、今回登場したエーテック外装はストリートリーガルなものだ。 これを装着するのは、ステップやレバー、レバーガードなどのアルミ削り出しパーツで知られるSNIPER(スナイパー)社のデモ車両だ。ヘッドライトをはじめとした保安部品は生かされたままフェンダーレスキットでスポーティなテールまわりに。フレームカバーやスイングアームカバーはおそらくレースイメージカスタムと同じものだろう。そして見どころは燃料タンクカバーだ。 レースイメージ車両のタンクカバーは燃料タンク後半部分を覆うだけだったが、今回のものは全体を覆っているうえに形状が大胆に変更されている。特に後半部分の角度が起こされているが、これはスポーツ走行におけるニーグリップや、フルバンク時のホールドのしやすさを狙ったものだろう。市販車ベースのレースでは燃料タンクの後端にパッドなどを装着してホールド性を高めるカスタムがよく見られる。これを贅沢にもドライカーボン外装で実現してしまったわけだ。 このデモ車両は、2020年9月22日(祝)に筑波サーキット・コース2000で開催されるZX-25Rオーナーズミーティング(関連記事参照)にも出展されるので、ぜひ現地でその姿を確認してみてほしい。

〈写真〉流麗なスタイリングを実現。グリーンアルマイトが施されたバックステップやレバー、スイングアームマウントのスタンドフックなどはデモ車両を製作したSNIPER社によるもの。 [写真タップで拡大] 〈写真〉ミラーやヘッドライトといった保安部品を生かした造形に大型スクリーンなどを組み合わせる。 〈写真〉こちらはノーマル車両のシルエット。下のカスタム車両と見比べてみてもらいたい。 〈写真〉【Ninja ZX-25R用エーテック・装着パーツ】■アッパーカウルSTD用スクリーン(ライトスモーク):1万9800円 ■純正用ミラーカバー(L/R クリア塗装):1万6500円 ■スクリーンインナーパネル(クリア塗装)8800円 ■メーターカバー(クリア塗装):1万6500円 ■アッパーカウルインナー(クリア塗装):3万8500円 ■フレームヒートガード(L/R クリア塗装):3万8500円 ■タンクサイドカバーSPL(L/R クリア塗装):4万6200円 ■タンクカバー タイプR(クリア塗装):7万4250円 ■フロントブレーキ冷却ダクトセット(L/R クリア塗装):4万9500円 ■フロントフェンダーSTD(クリア塗装):3万8500円 ■リアフェンダーSTD(クリア塗装):3万8500円 ■スイングアームカバー(L/R クリア塗装):4万4000円 ■フロントスプロケットカバー(クリア塗装):2万2000円 ■リアブレーキタンクガード(クリア塗装):7700円 ■RC用シートカウルSPL 3点セット:12万3750円 ■ST用フルカウルSTD 4点セット:27万5000円 ■ST/RC用シートインナーSPL(クリア塗装):4万4550円 ※価格は全て税込

【関連記事】