Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

日本語習得にも“本気”デス! 今季はスーパーフォーミュラとGT500に参戦、サッシャ・フェネストラズの日常

配信

motorsport.com 日本版

 昨年全日本F3でチャンピオンに輝き、2020年はスーパーフォーミュラとスーパーGTのGT500クラスにステップアップしたサッシャ・フェネストラズ。現在都内某所に居を構えているフェネストラズは、新型コロナウイルスの流行によりシーズン開幕が遅れているものの、自宅にて着々と実戦へ向けた準備を進めている。 【独占入手!】サッシャ・フェネストラズの日本語ノート。日常単語の発音がびっしり!  国内最高峰のレースカテゴリーに参戦する日本在住の外国人ドライバーは、この難しい期間の中でどんな生活をしているのか? 今回は弱冠20歳のフェネストラズの日常生活を紹介する。 【フィジカルトレーニング】  ステイホーム中のどんなアスリートにとっても、フィジカルトレーニングは最も重要であると言える。フェネストラズは「いつレースが再開するか分からないから、モチベーションを高く保つのは難しい」と正直な心境を吐露していたが、トレーニングは毎日欠かさずに行なっているようだ。  その中でも、特に首のトレーニングには力を入れているとのこと。スーパーフォーミュラのマシンはコーナリングスピードが高く、その際にかかるGは極めて大きい。そのためフェネストラズは、専用の器具を使って首を鍛えている。この器具にはセンサーがついており、現在どのくらいの負荷がかかっているのかを確認することができるという優れものだ。

【シミュレータトレーニング】

 レースが開催されず、レーシングマシンに乗る機会もない中で、フェネストラズはヨーロッパから送られてきたシミュレータを自宅に設置し、トレーニングを行なっている。使っているシミュレータソフトは『rFactor2』で、多い時は1日4時間ほど練習しているという。  このシミュレータに編集部員も挑戦し、スーパーフォーミュラの現行マシンSF19やF3規格のマシンで鈴鹿サーキットを走ったが、エンジンを始動してストールしないようにピットから出るだけでもひと苦労。ブレーキは非常に硬く、力強く踏み込んでもなかなかフルブレーキングができない。そして走行中は少しでも早くアクセルを開けるとリヤが流れてしまうといった具合で、とても素人が手を出せる代物ではなかった。

【関連記事】