Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ザ・ルーツの創設メンバー、MC/ラッパーのマリク・Bが47歳で死去

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
Rolling Stone Japan

ザ・ルーツに長年在籍したMC/ラッパーのマリク・Bが亡くなった。グループは彼の死をローリングストーン誌に認めたが、死因などの詳細は明らかにしていない。享年47。 【画像】マリク・B死去、追悼の声が相次ぐ 「私たちは沈んだ心で涙を浮かべながら、最愛のブラザーにしてザ・ルーツの長年のメンバーであるマリク・アブドゥル・バシートが亡くなったことをお知らせします」と、ザ・ルーツのクエストラヴとブラック・ソートは声明の中で述べている。「彼のイスラム教への献身、仲間への愛情、そして最も才能あるMCの一人としての革新性が記憶されることを願っています。大きな損失を悼む喪中につき、彼の家族にご配慮いただけたらと思います」 ザ・ルーツが結成されたフィラデルフィア生まれのマリク・バシートは、90年代初頭にミラーズビル大学在学中、(前進バンド)スクエア・ルーツのドラマー、クエストラブやMCのブラック・ソートと親交を深めたことをきっかけに活動を開始。 ザ・ルーツに改名した後、1993年に1stアルバム『Organix』をリリースし、続く1995年の『Do You Want More?!!!!!』でメジャーデビューを果たした。マリク・Bとブラック・ソートはほぼ全曲のヴァースでラッパーとしての役割を分担している。 マリク・Bはザ・ルーツを脱退する前に、1996年の『Illadelph Halflife』と1999年の『Things Fall Apart』にも参加している。彼の脱退後にリリースされた2002年の『Phrenology』に収録された「Water」でブラック・ソートは、彼とマリク・Bの音楽的な繋がりに加えて、脱退の原因となったドラッグ問題についても詳しく説明している。 マリク・Bはミレニアムの変わり目にザ・ルーツを脱退したが、2006年作『Game Theory』のタイトル曲や、2008年作『Rising Down』の「I Can’t Help It」「Lost Desire」などでゲスト出演を続けていた。 彼はソロとして2005年にミックステープ『Street Assault』、2015年にはプロデューサーのMr. Greenとのコラボレーションした『Unpredictable』をリリースしている。

DANIEL KREPS

【関連記事】