Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

2005年以降、1年を通して四番の座を守り続けた選手は何人いる?

配信

週刊ベースボールONLINE

 チームの要である四番打者は、大きなプレッシャーの掛かるポジションだ。四番の重圧に耐え、1年を通してその座にとどまり続けるのは並大抵のことではない。では、1年を通して四番の座を守り続けた選手は、現在のチーム体制となった2005年以降何人いるのだろうか?

ラミレスと金本の活躍が目立つセ・リーグ

 2005年以降に公式戦開幕から最終試合まで「1年を通して四番の座を守り続けた選手」を調べ、チームごとにまとめた。まずはセ・リーグから。 ●巨人 2009年 アレックス・ラミレス 2010年 アレックス・ラミレス ●DeNA 2005年 佐伯貴弘 2007年 村田修一 2010年 村田修一 2011年 村田修一 ●阪神 2005年 金本知憲 2006年 金本知憲 2007年 金本知憲 2008年 金本知憲 2009年 金本知憲 ※2004年にも四番フル出場 ●広島 2007年 新井貴浩 2008年 栗原健太 ●中日 2009年 トニ・ブランコ ●ヤクルト 2005年 アレックス・ラミレス 2006年 アレックス・ラミレス ※2003年にも四番フル出場

 2005年以降に四番フル出場を果たした選手はセ・リーグでは7人。目立つのはやはり阪神の金本知憲だ。1999年から2010年にかけて世界記録となる1492連続試合フルイニング出場、1万3686連続イニング出場を達成しており、阪神在籍時の2004~2009年は6年連続で四番フル出場を続けた。四番での通算試合は921で、これは田淵幸一や掛布雅之をも超えて球団史上2位(1位は藤村富美男の1070試合)だ。  現在はDeNA監督のアレックス・ラミレスもヤクルト時代には3度も四番フル出場を達成。巨人に移籍してからも2009年、2010年と2年連続で四番フル出場と、チームが変わっても頼れる大砲であり続けた。  DeNAは佐伯貴弘と村田修一、広島は新井貴浩と栗原健太、中日はトニ・ブランコが、2005年以降で四番フル出場を果たした選手。いずれのチームも、上記以外に強打を武器に本塁打を量産した選手が数多く在籍したが、1年を通して四番に座り続けることはできなかった。

【関連記事】