Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

テレワークでブラキャミばかりになってない?それ、バストの老化につながっているかも…

配信

kufura

テレワーク生活が始まり、気づけば数カ月……。在宅ワークで、普段より服装やメイクに気をつかわなくなり、部屋着やラクチンなブラキャミで過ごしているうちに、緊張感のない体重やバストに危機感を感じている人も多いのではないでしょうか? でも、これって実はとっても危険! “ブラをサボる”と、バストにどのような変化が起こるのか? 株式会社ワコールの広報担当・村田美紀さんが教えてくれました。

バストが下垂する原因は「重力」だった!?

株式会社ワコール(以下ワコール)の「人間科学研究所」は1964年の設立以来、毎年1000人近くの4~69才の女性の人体計測を行い、これまでに述べ約45000人以上のデータを収集してきました。 その最新の研究をもとに、「私たちのバストは日々重力と戦っているんです」と、村田さんは話します。 「日常のちょっとした動きから、ヨガやランニングなどの軽い運動まで、どんな時もバストは“重力”によって下に引っぱられています。 例えば、前屈みをする時、腕を上げる時など、日常生活のちょっとした動作の度に、バストは下へ引っ張る重力の影響を受け、バストの皮膚は伸ばされているんです。運動時のバストに関しては、重力の影響を受けながら、上下左右に円を描くように揺れ動いています。

つまり、できるだけ無重力に近い状態に胸を支えてあげることで、バストの皮膚の伸びを抑えることができます。 ブラジャーの役割は、いずれのシーンにおいても、“バストを重力から守る”こと。サイズの合ったブラジャーでしっかりバストを包み込んで支えてあげることで、その人なりの美しいバストを保つことができるんですよ」(以下「」内、村田さん)。 常に重力と戦っている私たちのバスト。確かにブラジャーをしないと動き放題、引っ張られ放題……これは危険!

ブラキャミだとバストは重力に負けてしまう!?

さらに、「重力」をキーワードに、ブラジャーとブラキャミの違いについて、村田さんが解説してくれました。 「重力からバストを守り、できるだけ揺らさないためには、アンダー部分でしっかり支えてカップで包み込む必要がありますが、ほとんどのブラカップ付きキャミソールは、MやLなどおおまかなサイズになっています。 アンダーがゴムになっていたり、カップサイズがざっくりしていると、カップの中でバストが動いてしまい、きちんとバストを支えることができません。そうすると、バスト上辺の皮膚やクーパー靱帯が伸びることにつながってしまうんです」 ブラキャミはワイヤーが入っていないのでラクチンな反面、バストはカップの中で動き放題。締め付けられない快適さはありますが、確かにホールド感はあまりないですよね……。 「また、ブラジャーを着用していても、着用方法やサイズ選びが間違っていたら、同様のことが考えられます。ブラジャーのサイズはアンダーとトップの差から導き出しますが、実は体型も大きなポイント。 A、B、Cというカップサイズだけでなく、胸板の厚さやバストのエイジングに合わせて、その人に合ったワイヤー幅やカップの深さを選んでいき、より心地よくフィットするものを選ぶ必要があります。 販売員に相談したり、全身のスキャナー採寸ができる『ワコール3D smart&try』などを使って、ぜひ自分に合った一枚を見つけてください」 村田さんのお話を聞いて、改めてブラジャーをすることの重要性&必要性に気付かされました。在宅でパソコン作業をしていると前屈みになりがち。テレワーク中もしっかり重力からバストを守ってあげないと! 今こそ、バストケアを見直す時期なのかもしれません。

【関連記事】

最終更新:
kufura