Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

新型コロナ専門家、テレビ出演本数1位は二木芳人教授

配信

スポーツ報知

 TBS系情報番組「グッとラック!」(月~金曜・朝8時)は1日、新型コロナ感染症の特集に絡み、2020年上半期新型コロナ感染症専門家テレビ番組出演本数ランキングを紹介した。  この日は、感染症予防、制御学が専門の東邦大・小林寅テツ(いんてつ)教授がゲスト出演。5位にランク入りし、「おめでとうございます」と国山ハセンアナウンサー。ヒロミにも「専門家になりてぇな」と声をかけられ、苦笑いだった。  連日、50人を超える東京都の新規感染者数に小林教授は、「感染経路が不明者が出ているということは、市中に広がりつつある。注意が必要」とし、東京都の新たな指標についても解説した。  ちなみに番組で紹介したランキング上位の専門家は以下の通り。(敬称略)  1位・二木芳人(昭和大・客員教授)  2位・岡田晴恵(白鴎大教授)  3位・水野泰孝(グローバルヘルスケアクリニック院長)  4位・松本哲哉(国際医療福祉大教授)  5位・小林寅テツ(いんてつ、東邦大教授)  6位・寺嶋毅(東京医科歯科大学市川総合病院教授)  7位・北村義浩(日本医科大特任教授)

報知新聞社

【関連記事】