Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「うそ…」「事件きた」わずか残り0.8秒!時間切れ負け寸前に全員が大パニック/将棋・AbemaTVトーナメント

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
AbemaTIMES

 息を呑む戦いが一転して、大パニックに陥った。5月16日の放送された将棋の「第3回AbemaTVトーナメント」の大将戦・第2局、渡辺明三冠(36)と佐々木大地五段(24)の対局中、佐々木五段が持ち時間を増減させるチェスクロックを押しミスし、あわや時間切れ負けという大ピンチに見舞われた。プロの棋士が放送対局で切れ負けとなれば、“大事故”級のハプニングなだけに、対局している両者はもちろん、観戦していた棋士・女流棋士ら全員が「うそ…」「ひえー!」と大パニックに陥った。 【動画】危ない!事故寸前、大パニック  局面は、両者勝負どころの最終盤。持ち時間5分ながら1手指すごとに5秒加算という独自のルールで行われたが、両者とも持ち時間が20秒を切るところで、息詰まる熱戦を繰り広げていた。  佐々木五段が鋭く斬り込んでいたところ、ここでハプニングが発生。残り19秒のところで指したものの、チェスクロックの押し方が不十分だったため、そのまま持ち時間が1秒、また1秒と減ることに。残り10秒となると1秒ずつ「ピッ、ピッ」と音が鳴るが、残り5秒になっても佐々木五段は事態に気づかず、渡辺三冠は佐々木五段の行動を見守っていた。  3秒、2秒とタイムリミットが近づくと、佐々木五段が参加しているチーム稲葉のリーダー・稲葉陽八段(31)、山崎隆之八段(39)は、観戦していた会議室で大騒ぎに。いち早く「佐々木君、時計押してない」と稲葉八段が気づくと、山崎八段も「佐々木くん!佐々木くん!佐々木くん!ひやー!ちょっとちょっと!」とモニタに向かって叫び続けた。また、大盤解説で聞き手を務めていた伊藤沙恵女流三段(26)も「うそ…」と、今にも起きようとしている惨事に、言葉が続かなかった。  それでも残り1秒を切り、0.8秒かというところで佐々木五段が気づき、慌ててチェスクロックをプッシュ。ぎりぎりで奇跡的に時間切れ負けを逃れると、稲葉八段・山崎八段の2人は胸をなでおろした。  だが、対局を続けている2人の精神状態は、穏やかではない。押しミスをしてしまった佐々木五段が「いやー」と頭を抱えれば、よもや残り1秒で気づくと思っていなかった渡辺三冠も、対局中ながら「(切れるのを)待っていたから」とパニックに。残り11秒の中で慌てて指し進め、なんとか対局が続いた。  さらには対局を見守っていた視聴者たちも騒然。「びびったw」「うわああああああああああ」「やっちまったあー」「事件きたああ」という悲鳴のようなものから、「あぶねえええ」「動揺するな」「やっぱりナベは面白い」など、大量のコメントが寄せられた。

【関連記事】