Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

札幌・大通公園「ミニビアガーデン」開催 31日開幕で調整

配信

北海道新聞

 札幌市は8日、新型コロナウイルス感染拡大の影響で今夏は中止となった「さっぽろ大通ビアガーデン」の代替イベントとして、大幅に規模を縮小した「ミニビアガーデン」を札幌市中央区の大通公園で開くことを決めた。31日開幕で調整しており期間は未定。 【動画】大通公園に響く「乾杯!」  例年は5~8、10、11丁目を会場にしているが、今年はベンチなど撤去が必要な施設が少なく、公衆トイレがある8丁目のみとする。  座席を数メートル間隔で配置し、500席未満となる見込みだ。昨年は約1万3千席だった。  感染防止のため、予約制とする。市や札幌観光協会が実施主体となり、大手ビール会社4社の協力を求める方向で協議している。  今年のビアガーデンは7月22日開幕予定だったが、さっぽろ夏まつり実行委員会が人の密集や密接を避けるのが難しいと判断し、4月に中止を決めた。(袖山香織)

【関連記事】