Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

中咽頭がん治療のワッキーが退院報告 応援メッセージに感謝「心の支えになりました」

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
オリコン

 6月8日から中咽頭(ちゅういんとう)がんの放射線治療のため入院していた、お笑いコンビ・ペナルティのワッキー(本名:脇田寧人/わきたやすひと 48)が5日、退院した。同日、自身のツイッターを通じて報告するとともに、感謝の言葉を伝えた。 <Twitterより>「僕の心の支えになりました」応援に感謝の言葉をつづったワッキー  ワッキーは4月上旬、首にしこりのようなものを感じ、都内の病院で何度か検査を繰り返した結果、中咽頭がん(ステージ1)が見つかった。担当医師と相談した結果、外科手術はせず、放射線化学療法で治療することが決まり、6月8日から入院していた。  ワッキーは「本日 無事退院できました! 信じられないほど沢山の方々からの応援メッセージをいただき、それが治療の辛い時に僕の心の支えになりました」と感謝。「本当に本当にありがとうございました。治療の結果は追ってお伝えしますが順調なのは確かです。そして先生や看護師さん、最高のサポートありがとうございました!」と伝えた。  なお、所属事務所は「治療は順調に進み、退院できましたが、今後もしばらくは自宅療養し、体調を見極めながら復帰する予定です」とし「入院期間中は関係各位、ファンの皆様には大変ご心配、ご迷惑をおかけしましたこと、お詫びしますとともに、入院先の医療関係者の皆様、応援してくださった皆様に深く感謝を申し上げます」とコメントしている。

【関連記事】