Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

台風避難先の民家で94歳死亡 停電中、自家発電機使いCO中毒か 鹿児島・南種子

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
南日本新聞

 7日午後1時半ごろ、南種子町中之上、同町議会議員(65)方で、議員と妻(64)、親類の無職女性(94)が倒れているのを、駆け付けた消防隊員らが発見した。女性はその場で死亡が確認された。室内に燃料式の自家発電機があったことから、種子島署は一酸化炭素(CO)中毒の可能性もあるとみて調べている。  近くの住民によると、周辺では6日夕方から台風10号による停電が起きていた。停電に伴い、室内で自家発電機を使っていたとみられる。  同署によると、議員と妻は病院に搬送され治療中。搬送時、議員は会話ができたが、妻は意識がなかった。  7日午後1時10分ごろ、議員方を訪ねた親類が「中から声はするが、誰も外に出てこない」と119番。家には鍵が掛かって締め切られていたため、消防隊員が窓を割って室内に入った。ガソリン臭がしていた。

【関連記事】