Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

新型コロナで業績を下方修正した上場企業は935社 減少額は7兆円超

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
帝国データバンク

 新型コロナウイルスの感染拡大が収まらず、国内経済に大きなダメージを与え続けている。特に7月以降は感染第2波への懸念が広がった。今後も経済活動へのさらなる悪影響が予想されるなか、新型コロナの影響で業績予想の下方修正を発表する上場企業が後を絶たない。  帝国データバンクでは、業績予想の修正に関する適時開示情報を発表した上場企業のうち、新型コロナウイルスの影響が含まれ、業績を下方修正した企業について集計した。 ※新型コロナウイルスの影響を含む要因によって業績予想を下方修正した企業のみをカウント。また、調査開始以来、一度は業績予想を発表していたものの、その後「未定」とした企業については判明している数値で集計 ※本調査は前回調査(7月2日発表)に続き19回目

 「新型コロナウイルス」の影響を受けたとして業績予想の下方修正(連結、非連結)を発表した上場企業は7月31日までに累計935社(前回調査から92社増)となった。  935社が下方修正をおこなったことで減少した売上高の合計は約7兆3171億7800万円(前回調査から約1兆6596億2400万円増)となった。  新型コロナウイルス感染拡大に収束のメドがたたないなかで、全国で関連倒産が400件に達したほか、事業停止や休廃業の選択を迫られるケースが増えることも予想される。