Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

昨春、センバツ出場の国士舘の主力選手の進路は?

配信

高校野球ドットコム

 昨春、センバツ出場した国士舘。このチームは2018年秋の東京都大会優勝。さらに2019年春は準優勝。いずれも東海大菅生と大接戦を繰り広げており、強力なチームだった。そんな主力選手の進路を紹介したい。 【動画】2020年の西東京の勢力図、新鋭を徹底紹介! 投手 白須 仁久(杏林大) 投手 山崎 晟弥(杏林大) 捕手 澤野 智哉(法政大準硬式) 内野手 黒川 麟太朗(杏林大) 外野手 冨田 洋佑(東京経済大)  なかでも白須、山崎、黒川の主力3人が杏林大学に進むことになった。下級生からどんな活躍を見せるのか、楽しみだ。  打撃には深いこだわりを持っていたスラッガー・冨田は首都大学二部の東京経済大で続行する。打撃力は高いものはあるだけに、主軸打者として台頭することはできるか。  当時、一緒に出場していた現主将の鎌田 州真など実力のある下級生も多く、この夏の活躍、今後の進路にも注目が集まる。

【関連記事】