Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

アイアン選びは顔選び!? 名器に学ぼう、ミドルアイアンが決め手のベストアイアン選択術

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
みんなのゴルフダイジェスト

アイアンを選ぶ際、構えたときの「顔」を重視するゴルファーは多い。この「顔」、実は時代とともに少しずつ変化している。ギアライター・高梨祥明が名器と呼ばれるクラブを眺めながら、アイアン選びのコツを語る。

同一セット内コンビネーションが進んでいた国産名器アイアン

久しぶりに国産プロモデルの名器と言われる『ジャンボMTN III』を構えてみると、なかなかクセのある“顔”をしているな、と改めて思ったりする。7番アイアンはさほどでもないが、8番になると急に違和感(個人的には)をおぼえるのである。それは急にオフセットが強くなるからだろう。 『ジャンボMTN III』は、意図的に7番と8番のヘッド形状を変えていることで有名だ。8番から下はまさに点で狙っていく番手のため、オフセットの強いサンドウェッジの形状を踏襲。7番より上はロングアイアンベースの形状フローになっているわけである。『ジャンボMTNIII』はまさに時代を先取り! 現在、米ツアーで主流のコンビネーションアイアンセットのような、各番手の役割を明確にしたアイアンだったのである。 同じく国産プロモデルの名器と呼ばれる『TN-87』になると、さらにロング、ミドル、ショートで明確に顔つきが違ってくる。それは顔つきを決めるF.P.(フェースプログレッション)の設定が極めて独創的だからである。 『TN-87』はロングアイアンほど“出っ歯”方向の顔になっている珍しいモデルだった(通常はロングアイアンほどグース)。今のようにコンビネーションセットという考え方がなく、とにかくロングアイアンからのフロー(流れ)を重視した設計が普通だった80年代に、ウェッジにスムーズにつながるショートアイアン(MTN III)、FWにつながりやすそうな出っ歯のロングアイアン(TN-87)を発想できたのは、ひとえにそれがスター選手専用のパーソナルモデルだったからだろう。選手がボールを打ちながら決めた、つながり感が備わっていたのである。 その証拠に、TN-87(米国ではMP-29)のロングアイアンはデビュー期のタイガー・ウッズがわざわざコンビネーションして使っていたほど。ここに目をつけたウッズはさすがと言わざるを得ないが、そもそもオフセットの少ないロングアイアンを作らせた中嶋の感性がすごいのである。

【関連記事】