Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

TWICEやNiziUの生みの親・JYパークが視聴者の心を刺激した「7つの神言」

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
週刊女性PRIME

 ソニーミュージックと、韓国大手芸能事務所JYPが共同で行ったオーディション番組『NiziProject』。その中で回を追うごとにプロデューサーJYパーク(48)の発言が話題になっていく。心に刺さるあの名言を一挙紹介! 【写真】“父親”JYパークと『TWICE』メンバーのプライベート感満載ショット

JYパークって何者?

 プロデューサーであると同時に歌手として華々しい経歴を持つJYパーク(以下、パーク)だが最初は挫折の連続だった。  '92年にグループデビューしたが、さまざまなオーディションに落選。それでもめげずに'94年に韓国でR&B歌手としてソロデューするや、セクシーなダンスや奇抜な衣装で一躍スターダムに。  '97年にJYPの前身となる事務所を立ち上げ、プロデュース業を本格化させていく。  '00年代に入ると『ピ(RAIN)』『ワンダーガールズ』『2PM』などを手がけ、今ではK-POPを牽引する存在に。日本においてもSMAPとコラボレーションしたこともあるほど。 「『TWICE』の成功があってからはガールズグループに強い事務所としても有名になりました。韓国国内では日本人でいうと全盛期の小室哲哉さんに近いかもしれませんが、JYパークは会社経営者としても注目されています」  と韓国芸能界に詳しいジャーナリストの高月靖さん。  また、'10年からは人の悪口を1度も言っていないという。 「言葉と行動に気をつける必要のない人間になろうと思った、と番組内で練習生に説いていました。  ルーティンにもこだわっていて、27年間、同じ朝食を食べ続け、歌とピアノの練習30分を30年続けています。人にも自分にもストイックであるがゆえにみんなパーク氏についていくのでしょう」(高月さん)  歌手としても現役で活動しているパークだが、私生活はどうなのか。 「'99年に1度目の結婚をし、'09年に離婚しています。'13年に再婚された一般女性との間に2人娘がいます。昨年、長女が生まれ、今年、次女が生まれています」(同・前)  虹プロジェクトの最中に姉妹の父親になっていたとは。メンバーらへの声かけの優しさも、父親としての愛にあふれるパーク。  これからも、どんどん神言を生み出してくれることを期待しています!

【関連記事】