Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

菅田将暉『半沢直樹』は下品、炎上も「ドラマ不況は言い訳」本当の“問題”発言

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
週刊女性PRIME

《『半沢直樹』最終回、視聴率32・7パー(%)ですって。やりすぎ、やりすぎ。32・7%ですって(苦笑)。いやいや、やりすぎや。ちょっと欲張りすぎよ。いや、すごいけども。30超えたら、ちょ~っと下品、逆に30パーはもう下品よ。ちょっと限度があるもの。すごいって。そんな(上)いかれたらちょっとね~、なんか》 【写真】菅田将暉が“大和田常務”に! 全力で「お・し・ま・い・DEATH!」  2018年の「第41回 日本アカデミー賞」において、史上最年少で主演男優賞を受賞した若手実力派俳優の筆頭・菅田将暉が炎上した。9月28日のニッポン放送『菅田将暉のオールナイトニッポン』の番組冒頭で、前日のTBS系ドラマ『半沢直樹』最終回が叩き出した視聴率32・7%に触れたわけだが……。 「この発言がネットニュースに拾われて記事になり、菅田が用いた“下品”という言葉がドラマファンやネット民の反感を買ったのか、ネット上では“男の嫉妬”“お前が下品”などと叩かれているのです。また、ドラマを“見てない”と話したことも火に油を注いだのかもしれません。  確かに文面だけを見れば“下品”や“欲張りすぎ”などと、『半沢直樹』とその視聴率、そして携わった出演者やスタッフに“イチャモン”をつけているように捉えられるかもしれません。しかし、実際のところは関西人らしい笑いを交えて、作品に対するリスペクトも終始見られる発言でした。番組後半の朗読企画でも“半沢風”の言い回しを披露するなど、“見てない”と言いながら、むしろ作品愛を感じさせるコメントです」(スポーツ紙デスク)

池井戸ドラマに主演するも

 それもそのはず、菅田は2015年7月期のドラマ『民王』(テレビ朝日系)で主演を務めたのだが、原作を手掛けたのが池井戸潤氏だ。当時の池井戸ドラマといえば、2013年のTBS系の日曜劇場『半沢直樹』から始まり、同じく『下町ロケット』(2015年)、日本テレビ系ドラマ『花咲舞が黙ってない』(2014年、2015年)など、大ヒット作を連発。  池井戸氏も「最高のキャスティング」と太鼓判を押すなど、当然のごとく『民王』も“跳ねる”と思われたのだが、 「平均視聴率は7.1%と振るわず、期待値が高かったこともあって関係者にとっても厳しい数字となりました。そんな苦い経験があるからこそ、同じ池井戸ドラマで驚異の視聴率を記録した『半沢直樹』を羨ましく思ったのでしょう。  ですが、テレビ業界がドキリとさせられたのは“下品”発言ではなく、その後に菅田が続けた近年蔓延(はびこ)っている、視聴率にまつわる“ドラマ界のルール”に触れた“問題”発言ではないでしょうか」(前出・スポーツ紙デスク)

【関連記事】