Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

Microsoftの新型Surfaceを予想する

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ITmedia PC USER

 前回のレポートでも触れたように、例年であれば10月初旬にもMicrosoftがハードウェアイベントをニューヨークで開催し、Surface新製品が発表されるタイミングだろう。 【写真】新しく発表された「Snapdragon 8cx Gen 2 5G」  実際、2019年も10月2日にSurfaceイベントが開催され、新機軸となる製品として「Surface Pro X」「Surface Neo」「Surface Duo」の3つが紹介されている。残念ながらSurface Neoは投入時期が大幅に延期され、米国で正式に販売がスタートしたSurface Duoの日本国内ローンチについても現時点では不明の状態だが、次なるハードウェアの足跡が迫りつつある。  MicrosoftやWindows関連の情報に詳しいTwitterのWalkingCatアカウントによれば、2020年のSurfaceイベントの開催日は9月30日または10月1日だという。タイムゾーンの関係でどちらになるか分からないとしているが、2019年が10月2日の水曜日だったので、同じ曜日を選択するのであれば米国時間で9月30日になるとみられる。  リアルイベントだった2019年とは違い、2020年はバーチャルイベントが予想されるため、報道関係者らに早めに招待状を送る必要がなく、おそらく比較的ギリギリのタイミングまで日付が判明しない可能性がある。1つの目安として楽しみにしておくといいかもしれない。

発表候補は3つの製品

 2019年のイベントでは前述の新機軸の製品に加え、Surface ProからSurface Laptopまで幅広い製品群がアップデートされたため、PCの購入を考えていたユーザーには比較的豊作といえる年だったかもしれない。ただ前回のレポートにもあるように、現時点で発表が見込まれる製品はやや少ない印象で、このあたりは新型コロナウイルスの影響も含め、世間的に停滞の年となりそうだ。  新製品に関する開発コード名は前回のレポートで多数紹介されているが、このうち2020年発表の候補となるのは「Carina」「Sparti」「Olympus」の3つが有力とされる。前述のWalkingCatがわざわざエンジニアリングコード名としてツイート群で触れているが、まず「Carina(マーケティング名ではCanon)」「Sparti(マーケティング名ではSilas)」の2つがある。  そして「Olympus」こと「85インチ版Surface Hub」については最新イメージを添えて投稿が行われている。

【関連記事】