Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

アプガ(2)が4カ月ぶりの観客動員ライブを開催、感染症対策も万全

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
エンタメNEXT

アップアップガールズ(2)が27日(土)、千葉・柏PALOOZAでライブイベント「アップアップガールズ(2) アオハルし・て・る・も・ん NEW SEASON」を開催した。 【写真】感染症対策も万全、4カ月ぶりに開催されたアプガ(2)の熱いライブの模様【30点】 コロナ禍でライブを自粛していたアプガ(2)にとって、約4カ月ぶりとなる観客動員ライブ。政府から発表されたイベント開催制限の段階的緩和に則し、会場(通常のキャパシティは450人)では万全の感染症対策が実施され30人限定でライブを開催した。久々のファンの前でのパフォーマンスで、メンバーも熱く楽しいステージを繰り広げた。 メンバー8人は凛々しい表情でステージに登場すると、そこから笑顔になって希望感と爽快感溢れる『ブルースカイブルース』を全員で歌唱しライブがスタートした。ソーシャルディスタンスを考慮し観客はスペースを開けての観覧となったが、いつも以上の気持ちでライブを楽しんでいく。 MCでリーダーの高萩千夏は「遂にみなさんの前でライブを行う日がやってきました。めちゃくちゃお久しぶりです!」と感慨もひとしお。続けて「ライブを行うために、様々な感染拡大防止策を考えてこの日を迎えました。みなさんにもたくさんご協力をいただきますが、私たちはこの4ヶ月間に溜めたパワーを今日このライブにぶつけます! みなさん最後まで楽しんでってください!」とライブへの意気込みを語った。 ライブでは、メンバーのソーシャルディスタンスに配慮し、ここからは昨年3月のマイナビBLITZ赤坂公演以来というメンバー8人のソロでの楽曲披露が行われていく。トップバッターの新倉愛海は、先輩グループ・アップアップガールズ(仮)の『私達』を笑顔で歌い、観客との一体感を作っていった。島崎友莉亜は、アプガ(仮)の『勝ってたいんだよ』を元気いっぱいに披露。森永新菜は、アプガ(仮)・森咲樹のソロ曲『メガモリッ!ma vie!』を破壊的な爆発力で歌った。最年少の佐々木ほのかは、アプガ(仮)の『このメロディを君と』を歌唱し、会場に感動的な空気を作って行く。中川千尋は、自身も参加したユニット・team・princessの『今日だけは逢いたくないよ』をエレガントに歌唱した。

【関連記事】