Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

愛猫マイは私のお姉ちゃん。23年かけて紡がれた「猫と人間の姉妹愛」

配信

女子SPA!

【○○さん家の猫がかわいすぎる Vol.16】  愛猫との間には、単に「飼い主と猫」ではない絆が存在していることも多いもの。それを実感させてくれるのが、愛猫のマイちゃん(23歳)を看取ったモネさん(@ali327hymf112) ⇒【写真】愛猫のマイちゃん の体験談。 「3歳のときから一緒に過ごしたマイちゃんは、私にとってお姉ちゃんみたいな存在でした。毎晩、そばに寄り添って私を寝かしつけてくれ、朝方にもそばで寝て見守ってくれていました」 “姉”という言葉で愛猫への愛を表現するモネさん。2人はどんな思い出を刻み、種族の壁を越えた姉妹愛を育んできたのでしょうか。

お姉ちゃんのような愛猫に見守られて…

 海外で生まれ育ったモネさんとマイちゃんが出会ったのは、とあるペットショップ。お店には保護された子猫たちがおり、ケージを眺めていたモネさんにすり寄ってきたのがマイちゃんでした。一目ぼれし、おうちに迎えることにしました。 「お兄ちゃんには猫がいたのに私には猫がいなくて。マイちゃんは初めての“私だけの猫”でした。だから、連れて帰るときにずっと『She’s mine!』って言ってました。そのうちに、マインは言いづらいなと思い、マイ(my)ちゃんになりました」  それからの2人は、いつも一緒。  共働きで両親が家にいなかったモネさんの横には、いつもマイちゃんがいてくれたそう。怒られて部屋で泣いていると、横に来て涙や髪を舐めてくれたことも。その優しさを感じるたび、慰められているような気持ちになりました。 「マイちゃんは寝起きの悪い私に対して、顔に頭をぶつけてきたり、鼻を舐めたりして起こしてくれました。学校に行く準備をしているとリュックの中に入り『一緒に連れて行って』と騒いでいたこともありました。そして、学校から帰ってくると、私の背中に乗ってマッサージをするかのようにふみふみしてくれる優しい子でした」  また、高校生になったモネさんが夜遅くまで勉強していた時は家族の中で唯一、マイちゃんだけが一緒に起きていてくれ、太ももの上に乗りながら見守っていてくれたのだそう。こうしたサポートのおかげもあってか、モネさんは無事、大学に合格。進学のため、実家を出ることになりました。

【関連記事】