Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

一本の指が生みだす細密アート 自閉症の人たちの多様な可能性

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
Yahoo!ニュース

手のひらサイズの画面にひと差し指一本で描いている=2020年2月12日、A.U.作成。ibis Paint使用

 19歳の少女A.U.さんは、iPod touch の5センチ×9センチの画面に右手のひと差し指一本だけでイラストを描く。この2年弱の間に約750点制作し続けている彼女は、自閉スペクトラム症(自閉症)のひとつ「アスペルガー症候群」でもある。  私たちのNPO「クラブハウスこころのリカバリー」が9年前に開設した相談室には、一人暮らしや就労を目指す自閉症の人たちが訪れる。私たちは、一人ひとりの得意なことに焦点をあてた支援を行ってきた。2018年の春、その相談室に一人の少女が自立のために尋ねてきた。少女はiPod touchを取り出して、自分で描いた驚くほど細密で美しい絵を見せてくれた。絵は独学だという。その少女がA.U.さんだった。

描くきっかけは「うたプリ」との出会い

 A.U.さんは、ポケットモンスターや、「うたプリ」の愛称で知られる『うたの☆プリンスさまっ♪』のアニメキャラクターを多数描いている。公式サイトのキャラクターのポージングと表情を参考に、一から創作する「二次創作」が多い。自分なりのキャラクターイメージを表現するため、小物や背景はオリジナルで描いている。  この細密で美しい花束の絵は、通りがかりに見た花などの記憶をもとに、ステンドグラスや切り絵を意識して描いたという。  もっともよく描くキャラクターは「うたプリ」の皇 綺羅(すめらぎ きら)だそうだ。「うたプリ」を知ったきっかけでもあり、声優の声にも強く惹かれるという。はじめは「うたプリ」のゲームから始め、高校の先輩がスマホで描いたイラストを見たのがきっかけで創作をするようになった。

ひと差し指一本で今までに約750点描いた

 A.U.さんは高校生のころから愛用するiPod touchで、アプリibis Paint(アイビスペイント)を使い、右手のひと指し指一本だけで描いている。  2018年3月末ごろから描き始め、昨年2019年12月までに738点を制作した。種類と数の比率を尋ねると「738点の75%が二次創作で、25%が一次創作です」。「一次創作」は自分で生み出したオリジナル作品、の意味だそうだ。  指一本で描くのは「こどもの頃、風呂場の湯気で曇ったガラスに絵を描いていたのが続いているのだと思う」。色鉛筆やペンだと力が入りすぎてしまうそうだ。電車やバスの中、職場の休憩時間もiPod touchで描いている。  1枚の線画は30分ぐらいで仕上げる。たくさんの色塗りの絵は7時間から8時間くらい。アプリが制作時間と制作過程を自動保存している。冒頭の動画は、アプリが自動保存したものだ。

【関連記事】