Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

<福士蒼汰>主演ドラマ「DIVER-特殊潜入班-」主題歌担当のコブクロと対面 「灯ル祈リ」の歌詞に「共感」

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
MANTANWEB

 俳優の福士蒼汰さんがこのほど、9月22日から放送される主演特別ドラマ「DIVER-特殊潜入班-」(カンテレ・フジテレビ系、火曜午後9時)で主題歌「灯ル祈リ」を歌う男性デュオ「コブクロ」の元をサプライズで訪問した。 【写真特集】「灯ル祈リ」について笑顔で語る福士蒼汰 小渕健太郎、黒田俊介もうれしそう!

 ドラマは、マンガ誌「グランドジャンプ」(集英社)で連載された大沢俊太郎さんのマンガ「DIVER-組対潜入班-」が原作。窃盗や暴力事件の常習犯だったが、警察も手を焼くほどの巧妙な手口を考え出す異常に高いIQ、判断力、身体能力を持つ“極悪・最凶のダークヒーロー”黒沢兵悟(福士さん)と、兵悟が所属する潜入捜査官チーム“D班”のメンバーたちの活躍を描く。

 福士さんは、コブクロが音楽番組を収録中の現場にサプライズで登場。コブクロの小渕健太郎さんと黒田俊介さんは「えー!?」と驚いたという。コブクロが歌う主題歌「灯ル祈リ」について、福士さんは「一言一言がすごく重みのある歌詞で、さらにお二人の歌声やメロディーに乗せて心にグッと響く、本当にいい曲をありがとうございます」と感謝を伝えた。

 それに対して、小渕さんは「ありがたいですね。僕たちもドラマを一足先に見せていただいたんですが、福士くんが演じる黒沢兵悟が本当の悪の悪で、すごい怖いんですよ!」とコメント。そして「1話を見ただけでも映画を見た後のような満足感がありますし、ここから先、どうなっていくんだろう、と引き込まれていきました」と感想を話した。

 また、黒田さんは「これまでに何度かお会いしたことはあるものの、『DIVER』を見てから会うのはもちろん今日が初めて。今、ちょっと怖いもんね! 本当にさわやかなのか、本当は悪いのか、どっちがほんまの福士くんか分からん(笑い)」と語った。

 「灯ル祈リ」は原作や脚本を読み込んで、書き下ろされた楽曲。福士さんは「小渕さんから、この曲に対する思いをお手紙でいただきました。兵悟という人間と、作品のメッセージをしっかりと受け止めてくださっているのがうれしかったです。特に歌詞の中に『檻(おり)を破り 逃げ出したライオン』というフレーズがあるんですが、この部分にすごく共感しました。ライオンは強くてどう猛だけど、檻から急に出されてもどうしていいか分からない。そんな中、母という光を探していく。兵悟も強い男ではあるけれど、何かを求めていないと倒れてしまう、という内面の部分と通ずるなと思いました」とコメント。

 小渕さんは「うれしいですね。そんなふうにじっくり聴き込んでいただけるなんて。作品を読んであふれ出てくるものをどうやって閉じ込めようかと、必死に作った曲なので、ありがたいです」と語っていた。

【関連記事】