Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

石田純一「組織が俺のことを殺そうと…」大バッシングで唱えはじめた“黒幕説”

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
週刊女性PRIME

「ハッキリ書いてください。ある組織が、俺のことをイジメてるんです。コロナは“こじつけ”で、俺を社会的に抹殺してやろうということなんですよ……」 【証拠写真】石田純一、福岡でも美女と腕組み濃厚密着!  7月29日、夜10時すぎ。都内・自宅前での直撃取材に、そう熱弁していた石田純一。そのときは、あまりにもミステリアスすぎる内容に、週刊女性は彼の話を聞き流すしかなかったのだが──。

コロナに感染したのに変わらぬ行動

 話は今年4月にさかのぼる。緊急事態宣言が全国で発令される中、沖縄でゴルフを楽しんだ後、コロナ感染した石田。「死を感じた」という1か月の治療の末、なんとか退院したものの、すぐに快気祝いと称しての“飲み会”に参加したことが発覚。これで仕事関係で総スカンを食らう。  ところが、7月19日から4泊5日で福岡に出張した石田は、ゴルフと宴会ざんまいで、現地の人たちと“濃厚接触”を繰り返し、あげくの果てに“河北麻友子似”25歳の女性を宿泊ホテルに“お持ち帰り”していたという情報を週刊女性が独占キャッチした。  そこで冒頭の日時、真相を確かめるべく石田本人に聞くと、いつものように“丁寧に”答えてくれたのだった。 「イベントがあって、福岡に仕事で行ったんです」  25歳の女性とホテルに泊まったかを尋ねると─。 「いや……何だっけ? ちょっと待ってくださいね。ええっとね……。ありえないね、そんなことは」  宴会に参加した男性がその後、高熱を出したと現地では大騒ぎに。石田はコロナに感染したのに、どうして行動が変わらないのか? 「1度(コロナに)なっているからこそ、自分はならないらしいですよ。2回も罹るのは1%くらい。僕がまき散らしている的にされやすいけど、それはちょっと違います」  そして変わらぬ行動の理由を、こう断言していた。 「スポンサーに誘われたら、ゴルフでも“3密”と言われている食事会でも、そりゃ行くでしょ。それが僕の結論です。それを叩かれたって大いにけっこう!」  こうした石田の行動と言動を8月4日発売の週刊女性で報じると、6日に週イチのレギュラーで出演しているラジオ番組で、こうまくし立てた。 「記事は非常に間違っていることが多い。想像して書かれたもの。インタビューも、まったく言ってないことが書かれているので困っている。“コロナに(1度)罹っているから誰にもうつさない”って言うわけないじゃないですか。簡単に言うと怒ってます。正確に書いてほしい」

【関連記事】