Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

阪神2軍 藤浪が7回1失点14K 降格後初の登板で奪三振ショー

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
デイリースポーツ

 「ウエスタン、阪神-中日」(20日、鳴尾浜球場)  2軍降格後、初先発に臨んだ阪神・藤浪晋太郎投手(26)が7回5安打1失点。再スタートとなった登板で再昇格へのアピール投となった。  奪三振ショーが始まった。初回は渡辺、高松を連続で空振り三振に取った後、根尾をこの日最速の155キロ直球で空振り三振を奪う3者連続三振と遺憾なく力を発揮した。  二回も石川昂、シエラを連続三振に抑え、これで5者連続三振。続く伊藤康には遊撃内野安打で出塁を許し、連続三振は止まったが、続く滝野を冷静に遊飛に打ち取り、難なく抑えた。  ただ、七回は悔しい一投となった。2死二塁から石岡に137キロフォークをうまく拾われ、右越えの適時三塁打を打たれ、先制点を許してしまった。その後、1死一、三塁となったが代打・藤井を遊飛に抑え、最少失点でマウンドを降りた。  フォークやカットボール、直球を決め球に投じ、三振の山を築いていく藤浪。毎回の14奪三振という数字が物語るように、完璧に近い投球を続けていた。 終盤に根尾や石川昂に安打を打たれるシーンも増え、七回の失点は悔やまれる所だが、終始安定した投球を見せていた。

【関連記事】