Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「アニソン総選挙2020」ベスト3を予想! 1位は『紅蓮華』?『残酷な天使のテーゼ』?

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
マグミクス

アニメファン以外もとりこにする人気曲がランクインすると予想!

 2020年9月にテレビ朝日系で放送される「アニソン総選挙2020」。 7月31日に視聴者の投票が終わり、Twitter上では、アニメファンの投票報告で盛り上がりました。ファンが投票したのは、懐かしの名曲から最新曲まで幅広い曲です。今回、熾烈な争いになることが予想されます。 【画像】アニソン総選挙 Twitterで目立った対抗馬は?  今回、筆者がベスト3を予想するのに重視したのは、「その曲を聴いて、アニメが思い浮かぶか」という視点です。アニメに詳しくてもそうでなくても、アニソンと言われて真っ先に思い浮かぶ曲は強いでしょう。  予想第3位は、映画『君の名は。』の主題歌『前前前世』。2016年の興行収入1位、そして日本映画史上歴代2位という大記録を打ち立てました。『前前前世』を歌うのは、若い世代から絶大な支持を得るRADWIMPS。RADWIMPSを入り口として本作を観たことがきっかけで、アニメに興味を持つようになった人にとっては、思い入れがある一曲になるでしょう。  予想第2位は、TVアニメ『鬼滅の刃』の主題歌、LiSAの『紅蓮華』。コミックスやコラボグッズは、即売り切れになるほどの人気ぶり。『紅蓮華』は、2019年の紅白歌合戦に出場したことでも認知度が広がった曲で、女性アーティスト作品としては史上初のデジタルシングル100万DL突破作品となりました。この曲に関しては、「週刊少年ジャンプ」での原作マンガ『鬼滅の刃』連載終了を惜しむ『鬼滅』ファンの思いと、これまで数々のアニソンに貢献してきたLiSAファンの思いが票を集め、上位にランクインすると見込んでいます。  そして、予想第1位は、TVアニメ『新世紀エヴァンゲリオン』のオープニング曲『残酷な天使のテーゼ』。 1995年に発売された曲にもかかわらず、「平成で最も歌われたアニソン」として今日まで親しまれています。この曲が強い理由は、なんといっても幅広い世代に知られていることです。アニメをリアルタイムで観ていた人、現在の配信サービスで観ている人、カラオケによく行く人、パチンコをする人、「太鼓の達人」で遊ぶ人など、この曲に触れる機会は圧倒的に多く、アニソンの王道として存在し続けています。世界中で100万人以上を越える熱狂的ファンがいて、本作のファンの思いも票を集める要因になると見込んでいます。  ベスト3は有名な人気曲がランクインすることが予想されますが、放送日は、個人的に思い入れのあるアニソンがランクインしていることも願いながら、テレビの前で楽しみたいと思います。

稲福竜生

【関連記事】