Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

安さだけじゃない!? 乗って楽しい最新コンパクト車5選

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
くるまのニュース

さまざまなニーズに応える最新リッターカーを紹介

 1970年代に日本でもFFコンパクトカーが登場し、1980年代になると一気に普及しました。なかでもベーシックカーとして人気だったのが、排気量が1リッター前後の「リッターカー」です。 【画像】最新の売れ筋「リッターカー」をささっと見る!(17枚)

 現在もコンパクトカーにはリッターカーが存在し、ダウンサイジングターボエンジンの採用拡大によって、欧州車でも多くのリッターカーがあります。  とくに日本では、排気量によって自動車税の区分がおこなわれていることから、1リッター以下の排気量はランニングコストの面でもメリットがあります。  そこで、現在日本で販売されている最新モデルのリッターカーを、5車種ピックアップして紹介します

●ダイハツ「ロッキー」

 1990年にデビューしたダイハツの初代「ロッキー」は、本格的なラダーフレームに1.6リッターガソリンエンジンを搭載したクロカンAWD車でした。  2019年に登場した2代目「ロッキー」は、ダイハツの新世代のクルマづくり「DNGA(Daihatsu New Global Architecture)」の第2弾商品となる、新型コンパクトSUVに生まれ変わりました。  ボディサイズは全長3995mm×全幅1695mm×全高1620mmとコンパクトで、最小回転半径4.9mと市街地での取りまわしも良好です。  また、5ナンバーサイズのコンパクトボディながらSUVらしい力強いデザインで、広い室内空間と大容量の荷室を確保し、フラットな乗り心地と高い操縦安定性や軽快な加速感など、高い基本性能を持っています。  搭載されるエンジンは1リッター直列3気筒ターボで、最高出力98馬力を発揮。970kg(Lグレード2WD)と軽量な車体と相まって、ストレスのない走りを実現。  さらに、WLTCモードで18.6km/L、JC08モードで23.4km/L(FF車、4WD車は21.2km/L)の低燃費によって、経済的にも優れたSUVとなっています。  また、ロッキーはトヨタへもOEM供給され「ライズ」の車名で販売しており、発売直後からコンパクトSUVのベストセラーに君臨しています。

【関連記事】