Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ジャスティン&ヘイリー夫妻だけじゃない。結婚まで「お預け」したセレブカップルたち

配信

ELLEgirl

雑誌のインタビューで結婚前は「お預け」していたことを明らかにしたジャスティン・ビーバーとヘイリー・ビーバー夫妻。ジャスティンは同インタビュー内で、それが婚約から結婚まで超スピードだった理由のひとつとしながらも、神への信仰心から、自らそれを願ったと語っている。 華やかで刺激が多そうなショービズ界だけど、実はジャスティン&ヘイリー以外にも相手と婚前交渉のないまま結婚したセレブはたくさんいる。様々な理由や独自の考えから結婚相手との関係を先延ばしにしたセレブをご紹介。豪版エルより。

ジャスティン・ビーバー & ヘイリー・ボールドウィン

ジャスティン・ビーバーとヘイリー・ボールドウィンは2018年6月に復縁後、婚前交渉はしないと決めていたことを『ヴォーグ』のインタビューで明らかにした。 「そうすることで再び神に自分自身を捧げたいと思った。魂の状態が良くなると思ったからね」と語ったジャスティン。「その結果として、神がヘイリーの存在で僕を祝福してくださったと思っている。良い行いは報いられるんだ」

ミランダ・カー & エヴァン・シュピーゲル

スーパーモデルのミランダ・カーは2017年のインタビューで、当時恋人だったエヴァン・シュピーゲルとは結婚するまで肉体関係を持つつもりはないと語っていた。 英タイムズ紙の取材で「(シュピーゲルは)伝統を重んじる人なの。だから私たちは待ってるの」と打ち明けたミランダ。2人は2017年5月に結婚し、現在は息子のハートがいる。

シアラ&ラッセル・ウィルソン

NFLのスター選手であるラッセル・ウィルソンと歌手のシアラは「強い関係を築く」ために禁欲の誓いを立てたという。 「私は友情に集中することが良い関係を築く基礎になると信じているの。親友になれて初めて、私達はいわゆる“釣り合うくびき”として、同じ価値を共有したり、人生に対して同じ見方ができるのよ」とシアラは雑誌『ピープル』で語っている。

アドリアナ・リマ

2006年のインタビューで、リマは「結婚してからするもの」という自分の考えを明らかにし、彼女の恋人たちは「それが私の選択だということを尊重しなくてはいけないわ」と語っている。彼女は2009年にプロバスケットボール選手のマルコ・ヤリッチと結婚して2人の子供をもうけたが、2016年に離婚している。

ジュリアン・ハフ

女優のジュリアン・ハフは2008年のインタビューで、結婚までは純潔を守るつもりだと明らかにした。彼女は2017年にアイスホッケー選手のブルックス・リックと結婚した。 彼女は雑誌『ピープル』で以下のように語っている。「婚前交渉するかどうかは個人の選択だと思う。でも、もしあなたが誰かと付き合っていて、それが正当な理由のためなら、2人の関係を強めてくれると思う。私は望ましくない結果についてあれこれとお説教するつもりはないの。でも、あなたがノーということは、ひいては良い決断になると思う」

【関連記事】