Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

相次ぐSNS上の差別発言・誹謗中傷…広島が13日試合後に確認「絶対に許すことはありません」

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ゲキサカ

 サンフレッチェ広島は14日、13日の試合終了後にSNSにおける差別的、誹謗中傷的な投稿があったことを発表した。  広島は13日にJ1第16節で川崎フロンターレと対戦していた。クラブ公式サイトによると、その試合後にSNS上で、広島やその所属監督や選手に対する差別的発言や誹謗中傷があったという。  広島は「サンフレッチェ広島としては、いかなる差別的、侮辱的な行為や言動、SNSなどでの発言も、絶対に許すことはありません」と強調。「これからもサンフレッチェ広島は、差別や暴力のない社会の実現に向けて、継続的に取り組みを進めて参ります」と伝えている。  昨今問題に挙がるSNSでの誹謗中傷はサッカー界にも及んでおり、今月7日には横浜F・マリノスも所属選手に対する差別的発言や誹謗中傷があったことを発表。これまでにもアルビレックス新潟や浦和レッズ、FC東京なども声明を出している。

【関連記事】